このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント・魅力観光・イベント情報> 文化財観晃ガイド養成講座を開催します

文化財観晃ガイド養成講座を開催します

下野市歴史文化基本構想に基づく「東の飛鳥(ひがしのあすか)プロジェクト」の一環として、市民との協働による歴史のまちづくりを実現するため「文化財観晃(かんこう)ガイド」養成講座を実施します。
※文化財に光りをあてる(晃)という意味を込めて「観光」を「観晃」と表記しています。
pdf文化財観晃ガイド養成講座(チラシ)(pdf 249 KB)

講座内容

講座の開催日と内容
開催日 講座内容及び講師
1 平成29年12月16日(土曜日)
10:00~12:00
「文化財による観晃のまちづくりと市民の力」
宇都宮大学地域デザイン科学部
コミュニティデザイン学科講師
鈴木 富之 氏
2 平成30年1月13日(土曜日)
10:00~12:00
「下野市の文化財」
栃木県考古学会前会長
橋本 澄朗 氏
3 平成30年1月27日(土曜日)
13:30~15:30
「古墳時代の下野市」
甲塚古墳整備委員会委員
小森 哲也 氏
4 平成30年2月3日(土曜日)
10:00~12:00
「古代の下野市」
栃木県埋蔵文化財センター
津野 仁 氏
5 平成30年2月17日(土曜日)
10:00~12:00 
「中世の下野市」
栃木県立博物館
馬籠 和哉 氏
 

対象者

  • 下野市が好きな方
  • 下野市の歴史や文化財に興味がある方
  • 学んだ知識を活かして、文化財ガイドとして活動してみたい方

定員

定員50名(参加無料)※市外の方も受講できます。

会場

下野市役所2階会議室(駐車場無料)
※会場にお越しの際は、市役所西側入口よりお入りください。

申し込み方法

電話またはメールで下野市文化財課までお申し込みください。
電話番号:0285-32-6105
メールアドレス:bunkazai@city.shimotsuke.lg.jp

その他

  • 全5回中4回以上出席された方に修了証を交付します。
    ※修了者には、文化財ガイドについて別途ご案内いたします。
  • 文化財ガイドの主な活動内容は、市内の文化財や資料館等の案内、市内の文化財の愛護活動、各種研修会等を予定しています。

東の飛鳥プロジェクトについて

 当市域には、西暦500年代後半に築造された古墳群や600年代後半に建立された下野薬師寺、700年代中頃に建立された下野国分寺・尼寺など多くの史跡が点在します。当地は東国でありながら都がおかれた飛鳥・奈良地方と同様に多くの史跡があることから、それらの地域特性を活かしたまちづくりを図るため「東の飛鳥プロジェクト」を推進しています。
【飛鳥時代とは】
  1. 飛鳥に宮都が置かれた崇峻天皇5年(592年)から和銅3年(710年)の118年間
  2. 聖徳太子が摂政になった推古天皇元年(593年)から藤原京への遷都が完了した持統天皇8年(694年)の102年間とする説があります。

掲載日 平成29年11月24日 更新日 平成29年12月26日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化財課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎3階)
電話:
0285-32-6105
FAX:
0285-32-8610
Mail:
(メールフォームが開きます)