このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント・魅力歴史・文化> 【下野薬師寺歴史館】しもつけ子ども歴史講座を開催しました

【下野薬師寺歴史館】しもつけ子ども歴史講座を開催しました

下野薬師寺歴史館では、令和4年度夏休みのイベントとして『みて・ふれて・まなぶ』をコンセプトに、楽しく歴史を学べる小学生対象の『しもつけ子ども歴史講座』を開催しました。

第1日目:7月27日(水曜日)『マンガふるさとの偉人 下毛野古麻呂について』

新刊の『マンガふるさとの偉人下毛野古麻呂(しもつけのこまろ)』をテキストに、飛鳥~奈良時代の下野国やその周辺地域の歴史的特性、当時の都(中央)との関係や下野薬師寺について学びました。また、物語の中で、主人公『下毛野古麻呂』がライバルやその一族、家族や友人など多くの仲間たちとの交流を経て、成長する姿がイキイキと描かれています。東国出身者として異例の出世をとげ、のちに大宝律令の編さんや下野薬師寺の建立に関わったとされるなど、史実としても多くの事績を残しています。

映像で下野薬師寺を学ぶマンガの講読&講義の様子

第2日目:7月28日(木曜日)『百人一首に親しむ-かるた遊びを体験しよう-』

現代では、お正月に楽しむ『かるた遊び』から『競技かるた』まで、さまざまな楽しみ方がある『百人一首』の和歌とその歴史について学びました。百人一首の成立については、栃木県にもゆかりのあることを学び、和歌を何首か紹介しました。その後、和歌を知らなくとも楽しめる『かるた遊び』の中から、『坊主めくり』を体験しました。少し白熱した戦い(?)となりましたが、『百人一首』をより身近に感じていただけたと思います。

百人一首の和歌を学ぶかるた遊びの様子
 

第3日目:7月29日(金曜日)『木簡ってなあに?』

代表的な文化財の文字史料の一つである『木簡(もっかん)』に焦点を当てて、そのなぞに迫りました。木簡の発見される場所やその使用目的、役割について解説し、また、おもしろ木簡も紹介しました。最後に、東の飛鳥のオリジナル『筆ペン』を使って、現代風にアレンジした『木簡』に自分の好きな文字を、実際に書いてみました。普段、書きなれていない『筆ペン』でしたが、一文字一文字丁寧に書き上げ、自分だけのオリジナル『木簡』が完成しました。

木簡ってなんだろう?まずは和紙で練習!!
自分だけの木簡完成!
 

ご参加ありがとうございました

3日間連続で参加してくれた、熱心なお子さんもいらっしゃいました。
ご参加くださいました皆さま、ありがとうございました!
来年度も楽しい企画を準備して、皆さまのご来館をお持ちしています。

問い合わせ先

下野薬師寺歴史館
下野市薬師寺1636
電話 0285-47-3121

掲載日 令和4年8月2日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化財課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎3階)
電話:
FAX:
0285-32-8610
Mail:
(メールフォームが開きます)