このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
公式サイトがつながりにくい場合にはヤフー株式会社の協力によるキャッシュサイトをお試しください
トップライフイベント高齢者・介護いきいきとした毎日を送る> 運転免許証自主返納者支援事業

運転免許証自主返納者支援事業

  市では、高齢や身体的事由等の理由で自主的に運転免許証を返納した65歳以上の方を対象に、外出支援の一助として下記支援内容のうち希望の利用券を交付します。

対象者

  • 自主的に運転免許証の全部を返納した65歳以上の方

次の方は対象にはなりません

  • 法令違反や事故により、免許の取り消しを受けた方
  • 税金等の滞納のある方

申請期限

運転免許証の自主返納をした日から1年以内

支援内容

支援1と2は、併せて申請することができます。

1.運転免許証自主返納者支援

次のいずれかの利用券を後日、郵送します。ただし、支援は1人1回限りとします。
  • デマンドバス「おでかけ号」回数券(3,000円)2冊(300円11枚綴り)
  • 「ゆうゆう館」入浴券(2,000円)3冊
  • 「ふれあい館」入浴券(2,000円)3冊 ※有効期限1年間
  • 「きらら館」トレーニングルーム3ヵ月定期券(6,000円)
  • 道の駅「しもつけ」 商品券(1,000円)6枚 ※有効期限3か月

2.運転経歴証明書の交付手数料支援

運転経歴証明書交付時にかかった手数料を、道の駅「しもつけ」商品券1,000円分(有効期限3か月)で支援します。
※「運転経歴証明書」は、運転免許証を返納した場合に警察署で申し込むことができます。お申し込みには交付手数料がかかる他、発行まで日数がかかります。

申請に必要なもの

  1. 印鑑、運転免許証返納時に栃木県公安委員会から発行を受けた「申請による運転免許の取消通知書」
  2. (運転経歴証明書の交付手数料支援を申請する場合)1. に加え、運転経歴証明書の写し
※両方の支援を申請される場合は、運転経歴証明書が発行され次第、併せてお申し込みされることをお勧めします。

その他

  • デマンドバス(おでかけ号)の利用には、事前登録が必要です。 登録がお済みでない方は、運転免許証自主返納支援申請と同時に登録申請ができますのでお申し出ください。
  • きらら館のトレーニングルームを利用するには、事前に講習会を受講する必要があります。

申請窓口

安全安心課 

掲載日 令和2年10月13日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民生活部 安全安心課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
FAX:
0285-32-8609
Mail:
(メールフォームが開きます)