このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップライフイベント高齢者・介護医療を受けるために> 在宅医療・介護連携の講演会を開催しました!

在宅医療・介護連携の講演会を開催しました!

講演会  『家で天寿を全うする方法  ~地域包括ケアってなに?~  』を開催しました!

  平成28年1月30日(土曜日)に、道の駅しもつけ会議室において「地域包括ケアシステム」の構築に向けた講演会を開催いたしました。
  当日は雪と言う悪天候の中、一般の方や介護支援専門員、介護保険事業所、医療関係者等、多くの方にご参加頂きました。

「地域包括ケアシステム」とは

  介護状態になっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最後まで続けることができるよう、医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される体制のことです。

地域包括ケアシステム講演会の写真地域包括ケアシステム講演会の写真

主催者あいさつ

  下野市副市長  板橋昭二氏と、一般社団法人小山地区医師会下野支部の在宅医療推進委員である鶴岡優子氏(つるかめ診療所医師)から主催者としてのあいさつがありました。
 

主催者あいさつの写真主催者あいさつの写真

    講演会内容

      『家で天寿を全うする方法  ~地域包括ケアってなに?~』をテーマに、医療法人アスムス理事長であり、医師の太田秀樹氏から病院での役割(病気を治しに行くところ)、在宅医療の役割(人生丸ごと面倒をみる)をとても分かりやすくご講演頂きました。
      そして、自分の最期をいかに幸せに暮らせるか、長寿ではなく天寿を全うすることの大切さを知る機会となりました。
     

    地域包括ケアシステム講演会の写真地域包括ケアシステム講演会の写真
    地域包括ケアシステム講演会の写真地域包括ケアシステム講演会の写真

     

    ※下野市では今後、地域の自主性や主体性に基づき、地域の特性に応じた「下野市地域包括ケアシステム」の構築を進めていきます。


      掲載日 平成28年12月27日 更新日 平成29年3月9日
      【このページについてのお問い合わせ先】
      お問い合わせ先:
      健康福祉部 高齢福祉課
      住所:
      〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
      電話:
      FAX:
      0285-32-8602
      Mail:
      (メールフォームが開きます)

      カテゴリー

      • 在宅医療・介護連携の講演会を開催しました!