このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報・市民参加施政方針・各種計画お知らせ> しもつけしハートフルプラン(第6期下野市障がい者福祉計画)を策定しました

しもつけしハートフルプラン(第6期下野市障がい者福祉計画)を策定しました

下野市では、障がいのある人が自立し、地域に住む人が障がいの有無にかかわらず支えあうまちづくりと、共に生きる社会の実現のため、本市の障がい福祉施策を定めた『しもつけしハートフルプラン(第6期下野市障がい者福祉計画)』を策定しました。
本計画は、障がい福祉の施策を定める「障がい者計画」と障がい福祉サービスの量や確保策を定める「障がい福祉計画」、そして障がい児支援の充実を図るための「障がい児福祉計画」を一体的に策定したもので、本市の障がい者施策の基本的な計画とし、市民の皆さまにより身近な計画となるよう、愛称を『しもつけしハートフルプラン』としました。

計画の趣旨

平成18年4月に、障がいのある人や障がいのある子どもが自立した日常生活や社会生活を営むことができる社会の実現を目指し、障がい者自立支援法(現在は「障がい者総合支援法」)が施行されました。
その目的を達成するにあたり、市町村は、国が定めた基本指針に即して、障がい福祉サービス、相談支援及び地域生活支援事業の提供体制の確保等に関する計画(障がい福祉計画)の策定が義務付けられています(障がい者総合支援法第88条第1項)。
下野市においても、平成18年度から平成20年度までを第1期として、3か年ごとに障がい者福祉計画を策定し、障がいのある方の地域生活を支援するためのサービス基盤の整備等について、計画的に施策の推進を図ってきました。
『しもつけしハートフルプラン(第6期下野市障がい者福祉計画)』は、第5期計画の数値目標に対する進捗状況や、各年度における障がい福祉サービス等の実績を踏まえ、令和3年度から令和5年度までの3か年を計画期間とし、具体的な数値目標や、各年度における障がい福祉サービス等の見込量を設定し、下野市における施策の一層の充実を図るために策定しました。

計画の期間

しもつけしハートフルプラン(第6期下野市障がい者福祉計画)は令和3年度から令和5年度の3か年の計画期間になります。

掲載日 令和3年7月1日 更新日 令和4年2月21日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉部 社会福祉課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
FAX:
0285-32-8601
Mail:
(メールフォームが開きます)