このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報・市民参加施政方針・各種計画各種計画> 第二次下野市観光振興計画

第二次下野市観光振興計画

第二次下野市観光振興計画を策定しました

平成30(2018)年7月から下野市観光振興計画(第二次)策定委員会を開催し、平成32(2020)年開催の東京オリンピック・パラリンピック競技大会によるインバウンド効果、平成34(2022)年開催の第77回国民体育大会「いちご一会栃木国体」による交流人口の増加を見据え、下野市の観光にかかる課題、基本方針、各施策等等について協議・検討を重ねて計画案を作成し、パブリックコメントによる意見聴取等を経て、第二次下野市観光振興計画を策定いたしました。

計画期間

本計画は、平成31(2019)年度から平成35(2023)年度までの5か年計画として取り組みます。進捗状況の把握に努めるとともに、観光を取り巻く社会的情勢の変化などを踏まえ、必要に応じて計画内容の見直しを行います。

観光の基本方針

本計画では、新旧の観光資源の連携・ネットワーク化を図り、「来訪者が何度でも訪れたくなる観光の創出」を基本方針とします。

現在の観光事業の課題

課題1:観光資源と連携した新たな事業の創出

課題2:近隣市町との連携
課題3:天平の丘公園の再整備
課題4:歴史文化資源を活用した観光振興
課題5:インバウンドへの対応

観光振興における施策体系

基本施策1「魅力ある観光の推進」
施策1-1:観光プロモーションの推進
施策1-2:観光協会の充実・強化【重点施策】
施策1-3:観光施設の環境整備・充実
施策1-4:郷土愛の醸成
基本施策2「観光資源の創出」
施策2-1:新たな観光資源の開拓【重点施策】
施策2-2:下野ブランドの拡充・活用
施策2-3:広域観光との連携・推進
基本施策3「インバウンド対策」
施策3-1:インバウンド対策

計画の推進体制

本計画の推進にあたっては、行政だけではなく観光協会、商工会、観光関連事業者、産業関連事業者、市民、ボランティア等が協働し、様々な取り組みを推進していく必要があります。
そのために、関係者が連携してネットワークを形成することで、観光振興の相乗効果が期待されます。


掲載日 平成31年2月15日 更新日 平成31年2月20日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
産業振興部 商工観光課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎3階)
電話:
0285-32-8907
FAX:
0285-32-8611
Mail:
(メールフォームが開きます)