このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  市政情報・市民参加 >  選挙管理委員会 >  選挙のしくみ

選挙のしくみ

選挙のしくみ
前ページ 1 次ページ
選挙権(投票)と被選挙権(立候補) 行政委員会事務局 選挙管理委員会
選挙権(投票することができる人) 選挙権は国民ひとりひとりに平等に与えられます。 日本では、国民の意思にもとづいて政治が行われています。しかし、全ての国民一人一人が直接政治に参加するのは不可能です。そこで、選挙で国民の代...
選挙人名簿 行政委員会事務局 選挙管理委員会
選挙人名簿とは 選挙人名簿とは、選挙人を確定しておくための名簿で、投票のときに照合するものです。選挙権を行使(投票)するためには選挙人名簿に登録されていなければなりません。しかし、登録されていても服役中の人などは公民権を停止さ...
選挙にはどんな種類があるか 行政委員会事務局 選挙管理委員会
公職選挙法での公職は、衆議院議員・参議院議員・都道府県の知事や議会の議員・市区町村の長や議会の議員の職を指しています。ここでの選挙の種類とは、公職の選挙の種類です。下野市で行われる選挙は、次の種類があります。 公職の選...
投票日当日の投票 行政委員会事務局 選挙管理委員会
さあ選挙だ。投票に行きましょう! 選挙が告(公)示されると、翌日以降に市区町村選挙管理委員会から「投票所入場券」(以降「入場券」)が郵便で送付されます。入場券には住所・氏名・選挙名・投票所・投票日時が記載されていますので、まずは入...
期日前投票制度 行政委員会事務局 選挙管理委員会
選挙は、投票日に投票所において投票することを原則としていますが、投票日当日に仕事や旅行などの用事で投票に行くことができない方が投票日の前に投票をすることができる制度です。期日前投票は、投票日と同じく投票用紙を直接投票箱に入れることができます...
不在者投票制度(その1)~指定病院等における不在者投票~ 行政委員会事務局 選挙管理委員会
都道府県選挙管理委員会が指定している病院・老人ホーム等の施設に入院・入所していて投票所に行くことができない方は、その施設内で不在者投票をすることができます。 投票の方法 施設の長に不在者投票...
不在者投票制度(その2)~名簿登録地外(遠隔地)における不在者投票~ 行政委員会事務局 選挙管理委員会
住所の移転や旅行などで下野市外の遠隔地に滞在していて、期日前投票の期間や投票日当日も投票に行くことができない方は、滞在先の市区町村選挙管理員会において不在者投票を行うことができます。 投票の方法 ...
不在者投票制度(その3)~郵便等による不在者投票~ 行政委員会事務局 選挙管理委員会
身体に重度の障がいがあり投票所に行くことができない方で、次のような障がいのある方(○印の該当者)又は介護保険の被保険者証の要介護状態区分が「要介護5」の方は、自宅等現在する場所で郵便による投票をすることができます。 身体障がい者...
在外選挙制度 行政委員会事務局 選挙管理委員会
在外選挙人名簿の登録資格と登録申請 在外選挙制度とは、外国にいても日本の国政選挙(衆議院議員選挙・参議院議員選挙)の投票ができる制度です。投票するためには、住んでいる地域を管轄する日本大使館・総領事館(出張駐在官事務所を含む)...
選挙人名簿閲覧制度 行政委員会事務局 選挙管理委員会
閲覧できる条件と添付書類、及び閲覧方法 下記により選挙人名簿の抄本を閲覧することができます。抄本には、選挙人の氏名・性別・生年月日・住所が記載されています。また、農業委員会委員選挙人名簿を閲覧することはできません。 ...
選挙人名簿の閲覧状況を公表します 行政委員会事務局 選挙管理委員会
平成28年度閲覧状況 平成28年4月1日から平成29年3月31日までの期間における選挙人名簿抄本及び在外選挙人名簿抄本の閲覧状況について、次(関連資料)のとおり公表します。 閲覧状況 選挙...
前ページ 1 次ページ