このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報・市民参加選挙管理委員会選挙のしくみ> 選挙にはどんな種類があるか

選挙にはどんな種類があるか

  公職選挙法での公職は、衆議院議員・参議院議員・都道府県の知事や議会の議員・市区町村の長や議会の議員の職を指しています。ここでの選挙の種類とは、公職の選挙の種類です。下野市で行われる選挙は、次の種類があります。

公職の選挙

区分

選挙の種類

選挙区

定数

任期

衆議院議員選挙

小選挙区選出

栃木県第1区
  旧南河内町
  (第1~8投票所)

1名

4年

栃木県第4区
  旧石橋町
  旧国分寺町
  (第9~22投票所)

1名
(全国では289名)

4年

比例代表選出(北関東)

20名
(全国では176名) 

4年

参議院議員選挙

選挙区選出(栃木県)

2名
(半数ずつ改選)
(全国では146名)

6年
(3年ごとに
半数を改選)

比例代表選出(全国)

96名
(半数ずつ改選) 

6年
(3年ごとに
半数を改選)

栃木県

栃木県知事選挙

栃木県

1名

4年

栃木県議会議員選挙

下野市

1名
(栃木県全体
では50名)

4年

下野市

下野市長選挙

下野市

1名

4年

下野市議会議員選挙

下野市

18名

4年

※衆議院議員総選挙のときには、最高裁判所裁判官国民審査の投票が同時に行われます。この国民審査は、「特にやめさせたい裁判官」がいる場合、用紙の所定の欄に×の記号を書きます。


      掲載日 平成29年7月16日 更新日 平成29年9月27日
      【このページについてのお問い合わせ先】
      お問い合わせ先:
      行政委員会事務局 選挙管理委員会
      住所:
      〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎3階)
      電話:
      0285-32-8916
      FAX:
      0285-32-8613
      Mail:
      (メールフォームが開きます)