このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

住民基本台帳カード

重要なお知らせ

マイナンバー制度の導入に伴い、住民基本台帳カードの交付は平成27年12月28日をもって終了となりました。
交付終了までに取得していただいた住民基本台帳カードは、有効期限まではそのままお使いいただけます。
平成28年1月以降は新たにマイナンバー(個人番号)カードが交付開始となりますので、申請希望の方はマイナンバー(個人番号)カード総合サイトをご覧ください。        

住民基本台帳カードとは

Q1:住民基本台帳カード(住基カード)って何? 

Q2:住民基本台帳カードの使いみちは? 

Q3:住民基本台帳カードの有効期限は?

Q1:住民基本台帳カード(住基カード)って何?

A1:
  住基カードとは、平成15年8月25日から平成27年12月28日までに希望する方に対して市町村から交付したICカードのことです。
  カードには住民票コードや、各個人で設定する暗証番号が記録されています。
  有効期限は交付の日から10年です(住民票コードを変更すると無効となります)。

カードの様式

  カードの様式は次の2つのバージョンがあります。

顔写真無

氏名を記載

住基カード顔写真無

 顔写真付

氏名、住所、性別、生年月日を記載

住基カード顔写真付

※希望により、点字エンボス(目の不自由な方が、触ってわかる)仕様もあります。

このページの先頭へもどる

Q2:住民基本台帳カードの使いみちは?

  A2:
住民基本台帳カードの使いみちは、現在のところ、次のようなものがあります。
顔写真無、顔写真付共通
  • 広域交付住民票の申請

  全国ほとんどの市町村役場にて住民票の写し(本籍の表示がないものに限ります)の交付を受けられます。
  出張所や支所では取り扱っていない市町村もありますので、事前に訪問先役場へ確認をお願いします。

  • 転出の届出
 現在の市町村から他の市町村へ住所異動をする場合、通常でしたら転出届けを提出するため市町村役場へ来庁していただく必要がありますが、事前に転出届を郵送(郵送での転出届) していただければ、来庁不要となります(代理人による手続は除く)。  
  • コンビニ交付サービスの利用

  全国のコンビニに設置されているマルチコピー機を使って、住民票と印鑑証明書を発行できます(設定済みのカードのみ)。
  証明書のコンビニ交付サービスについてはコンビニ交付のページをご覧ください。
※住民基本台帳カードのコンビニ交付サービス設定(暗証番号の変更、ロック解除含む)は、令和2年2月28日をもって終了しました。

顔写真付のみ

  • 公的な身分証明書として使用

  銀行の口座開設、書留郵便の受取、携帯電話の契約などの際に求められる身分証明書として使用できます。

 

このページの先頭へもどる


Q3:住民基本台帳カードの有効期限は?

  A3:
  住民基本台帳カードは、発行してから10年で期間満了となります。

  有効期間は、住民基本台帳カードの券面に記載されています。

有効期間満了により失効した場合

  1. Bバージョン(顔写真付き)の住民基本台帳カードを身分証明書として利用している方

      →身分証明書として利用することができなくなります。

  1. 住民基本台帳カードを印鑑登録証として利用している方

      →住民基本台帳カードを印鑑登録証として利用することができなくなります。
      
詳細は市民課窓口までお問い合わせください。

  1. コンビニ交付を利用している方

      →コンビニ交付の利用ができなくなります。

住民基本台帳カードの有効期間が満了した後もサービスを受けたい場合

住民基本台帳カードの有効期間が満了した後も上記のサービスを利用したい場合、あるいは上記のサービスを新規で利用登録希望の方は、マイナンバー(個人番号)カードの交付申請が必要です。
マイナンバー(個人番号)カードは、申請から交付に一カ月ほどかかります。余裕をもって申請をしてください。
マイナンバー(個人番号)カードの詳しい申請方法については、マイナンバー(個人番号)カード総合サイトをご覧ください。

このページの先頭へもどる


      掲載日 令和2年2月29日
      【このページについてのお問い合わせ先】
      お問い合わせ先:
      市民生活部 市民課
      住所:
      〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
      電話:
      FAX:
      0285-32-8600
      Mail:
      (メールフォームが開きます)