このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き・環境戸籍・住民票・印鑑登録(など)マイナンバー制度に関すること> 令和4年12月末までにマイナンバーカードを申請して、マイナポイントをもらおう!

令和4年12月末までにマイナンバーカードを申請して、マイナポイントをもらおう!

マイナポイントとは

マイナポイントとは、マイナンバーカードの普及促進、消費活性化を目的として、キャッシュレス決済サービスで利用可能なポイントを国が付与する事業です。
(1)マイナンバーカードの新規取得などで最大5,000円分
(2)健康保険証としての利用申し込みで7,500円分
(3)公金受取口座の登録で7,500円分
(1)~(3)の3つで、合計最大2万円分のマイナポイントを受け取ることができます。

※マイナポイントを受け取るためには、別途申し込みが必要となります。また、ポイントを受け取るためのキャッシュレス決済サービスの利用が必要です(公金受取口座として登録した預貯金口座には振り込まれません)。
詳しくはマイナポイントとは?(総務省ホームページ)をご覧ください。

12月末までにマイナンバーカードの申請をしましょう!

マイナポイント付与対象となるマイナンバーカードの申請期限が延長となりました(総務省ホームページ)
令和4年12月末までにカードの申請を行った方が、マイナポイント付与の対象となります。この機会にぜひマイナンバーカードを申請してみませんか。

マイナンバーカード交付申請書の再送付

75歳未満のカード未取得の方を対象として、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)より、令和47月下旬から9月上旬にかけて「マイナンバーカード交付申請書」が順次送付されています。

この申請書により郵送またはオンラインでのカード申請ができますので、ご活用ください。

※詳細は同封のパンフレットをご確認ください。

申請サポートを行っています

市民課では、パソコンとデジタルカメラを使って、写真撮影からマイナンバーカードの申請までのお手伝いを行っています。 ご自身での申請が難しいという方は、ぜひご利用ください。

必要なもの

(1)本人確認書類(以下の表のA欄のものであれば1点、B欄のものであれば2点)

A:1点で確認が取れます

運転免許証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降発行のもの)、住民基本台帳カード(顔写真付)

B:2点で確認が取れます

健康保険の被保険者証、各種医療費助成受給者証、各種年金証書、申請者名義の預金通帳(漢字氏名及び住所記載のもの)、民間企業の社員証(顔写真付)、学生証(顔写真付)、住民基本台帳カード(顔写真無)、診察券(漢字氏名及び生年月日記載のもの)海技免状、電気工事士免状、無線従事者免許証、動力車操縦者運転免許証、運航管理者技能検定合格証明書、猟銃・空気銃所持許可証、特殊電気工事資格者認定証、認定電気工事従事者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明書、宅地建物取引主任者証、船員手帳、戦傷病者手帳、教習資格認定証、検定合格証、官公庁職員の職員証(顔写真付)、Aの書類が更新中の場合に交付される仮証明書や引換証類、生活保護受給者証

※各種本人確認書類は、有効期限内、券面の記載が最新の情報のものに限ります。

※提示していただいた本人確認書類は、複写して保管させていただきます。

(2)マイナンバーカード交付申請書
(ご自宅に郵送されたもの。お持ちの方のみ)


掲載日 令和4年9月22日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民生活部 市民課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
FAX:
0285-32-8600
Mail:
(メールフォームが開きます)