このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

医療機関での窓口負担

医療機関での窓口負担割合について

所得区分

対象の方

後期高齢者医療制度の被保険者の方は窓口の負担割合が1割負担の方と3割負担の方に分かれます。
これは前年の所得により判定され、毎年8月に切り替えが行われます。

窓口負担割合が1割の方

一般

低所得者1、低所得者2、現役並み所得者以外の方

低所得者2

世帯の全員が住民税非課税の方

低所得者1

世帯の全員が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる方

所得区分

対象の方


窓口負担割合が3割負担の方

現役並み所得者

住民税課税所得から控除額を差し引いた額が145万円以上の方(同一世帯の被保険者も含む)


なお、現役並み所得者のうち、収入等の要件により申請をいただければ1割負担となる方がいますので、詳しくは基準収入額適用のページをご覧ください。 

掲載日 平成29年2月7日 更新日 平成29年4月24日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民生活部 市民課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
0285-32-8896
FAX:
0285-32-8600
Mail:
(メールフォームが開きます)