このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き・環境健康・医療お知らせ> 9月24日から9月30日は結核予防週間です

9月24日から9月30日は結核予防週間です

毎年9月24日から9月30日までは「結核予防週間」です。下野市では、下記のとおり、結核健康診断を実施しています。

※結核予防週間とは・・・厚生労働省は、毎年9月24日から9月30日までを「結核予防週間」と定めて、結核に関する正しい知識の普及啓発を図ることとしています。

結核健康診断について

延期していた結核健康診断を下記の日程で実施します。対象者への受診券は、8月下旬に送付しました。

結核健康診断日程

9月15日~10月2日(予約不要)※詳しいpdf日時・会場はこちら(pdf 159 KB)よりご確認ください。

結核健康診断対象者

65歳以上(年齢基準日:令和3年3月31日)の市民

結核は克服された過去の病気と思われがちですが、現在でも世界の死亡原因トップ10に入っている病気です

日本国内においても昨年は、新たに約15000人が新規患者として診断され、約2000人が亡くなっています。
近年では、医療や生活水準の向上により継続的に治療を行えば治るようになりました。

まずは結核を知ることが予防への第一歩です。
早期発見・早期治療は本人の重症化を防ぐためだけではなく、大切な家族や身近な方への感染の拡大を防ぐためにも重要です。

結核とは

結核菌によって主に肺に炎症が起こる病気です。結核菌は、排菌している患者が咳やくしゃみをした時に飛び散るしぶきの中に含まれており、それを吸い込むことによって感染します。
ただし、感染しても発病するのは10人に1~2人くらいで必ず発病するとは限りません。
病気や不規則な生活などで免疫力が低下していると発病しやすくなります。

症状

結核の初期症状は風邪に似た症状で始まります。下記のいずれかに当てはまる場合には早めに医療機関を受診しましょう。

  • 痰のからむ咳が2週間以上続いている。
  • 微熱や身体のだるさが2週間以上続いている。

高齢者の場合はこのような症状が出ないことや症状が軽症のまま経過することがありますので、食欲低下、体重減少など体調の変化にも注意が必要です。

治療

結核と診断された後は、継続的に薬を飲めば治ります。
しかし、症状が消えたからといって、治療の途中で服薬を止めてしまうと完全に治りきらないため医療機関の指示に従って治療を継続して受けましょう。

早期発見のために、年に一度は結核健康診断または肺がん検診を受診して健康状態を確認しましょう。
また、健康的な生活が予防につながります。適度な運動、バランスのよい食事、十分な睡眠をとり、免疫力が低下しないよう規則正しい生活を心がけましょう。
下野市では、65歳以上の市民の方を対象に結核健康診断、40歳以上の市民の方を対象に肺がん検診(結核を含む検診)を集団検診と個別検診(医療機関)で実施しています。
まだ受診がお済みではない方は、ぜひ受診して健康状態を確認しましょう。


掲載日 令和2年4月30日 更新日 令和2年9月28日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉部 健康増進課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
FAX:
0285-32-8604
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー