このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き・環境健康・医療お知らせ> 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

発生状況

令和元年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市居住者を中心に発生した新型コロナウイルス感染症は、現在、国内でも新たな患者の発生が連続しています。
厚生労働省が情報の収集・公表をおこなっていますので、現在の状況については以下のリンクをご覧ください。
厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について
栃木県の発生状況はこちら / 英語(English)版

新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性の感染症です。発熱やのどの痛み、咳(せき)が長引く(1週間前後)ことや、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5~6日)といわれています。
重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されています。特に高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすいといわれています。

感染予防対策

現在、我が国においてもヒトからヒトへの感染が認められています。主に飛沫感染と接触感染でうつると考えられます。
まん延をできる限り防ぐため、咳エチケットや手洗い等の感染予防対策をお願いします。

うがい・手洗い

トイレの前後、食事の前、外出から帰宅したとき等、うがい・手洗いを徹底しましょう。

pdf手洗い(pdf 836 KB)

咳エチケットの励行

せきや発熱などの症状がある場合は、必ずマスクをつけ、人ごみをさけましょう。

pdf咳エチケット(pdf 862 KB)
布製マスクの配布(情報提供)
マスク着用時の熱中症に要注意
マスク内は湿度が高くなるので、のどの渇きを感じにくく、水分補給が不十分になりがちです。
のどが渇いていなくても、こまめに水分を補給しましょう。
日射しが強いときは日傘をさすなど熱中症に対する備えを十分にして、今年の夏を乗り切りましょう。

家庭や施設内を消毒

手指がよく触れる場所を清潔に保ちましょう。

規則正しい生活

睡眠・栄養・休息を十分にとりましょう。

毎日の体温測定と体調管理

市役所では、新型コロナウイルス感染症の対策として、職員全員が毎日、朝晩の体温測定を行って健康管理票に記録し、体調管理に役立てています。
市民の皆さまも体温測定を行い、体調管理に努めましょう。
docx健康管理票(3月4月5月)
docx健康管理票(6月7月8月)

長期間の感染対策

新型コロナウイルス感染症の感染予防対策は、長期間にわたって必要となります。ご自分にできることから取り入れ、引き続き予防に努めましょう。

  1. 手洗い、咳エチケット等の基本的な感染症予防を必ず行いましょう。人ごみに行く際はマスクを着用しましょう。
  2. 「密閉(換気の悪い空間)」「密集(人が集まる環境)」「密接(近距離での会話や発声が行われる場面)」の3つの密を避けて行動しましょう。
  3. 感染が流行している地域への移動は自粛しましょう。
  4. 人との接触を8割減らす、10のポイントを実践しましょう。詳しくは ⇒ 人との接触を8割減らす10のポイント 
  5. 医療機関を受診するときは、事前に電話連絡をしましょう。
  6. 発熱が続く場合や、倦怠感がある場合は、栃木県コールセンター(土日含み24時間対応)に相談しましょう。特に、妊娠されている方、高齢の方、基礎疾患がある方に症状がある場合は、できるだけ早めに相談しましょう。
電話:0570-052-092

相談・受診の目安

発熱などの症状がみられるときは、学校や会社を休み、外出を控えましょう。また、毎日、体温を測定して記録しておきましょう。
次のような症状がある方は、新型コロナウイルスコールセンターにご相談ください。必要に応じて、帰国者・接触者相談センター(県南健康福祉センター)をご紹介しています。
  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の症状のいずれかがある。
  • 発熱や咳などの比較的軽い風邪症状が続く。(高齢の方、妊娠中の方、基礎疾患がある方は早めに相談)

栃木県新型コロナウイルスコールセンター

電話番号:0570-052-092
受付時間:24時間(土日、祝日を含む)
※日本語以外での相談を希望される方は、栃木県に住む外国人のための新型コロナウイルス相談ホットライン(028-678-8282)へ。
とちぎ外国人相談サポートセンターのホームページに各国語での案内が載っています。)
※聴覚に障がいのある方で、電話でのご相談が難しい方は、FAX(028-623-3052)をご利用ください。平日の午前8時30分から午後8時まで。お名前、連絡先、居住市町、相談内容をご記載ください。
新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口(栃木県)が設置されました

厚生労働省の電話相談窓口

電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)

受付時間:午前9時~午後9時(土日・祝日も対応)

このページの先頭へ

小山地区医師会が地域外来・検査センターを整備(5月29日更新)

小山地区医師会(小山市・下野市・野木町・上三川町)は、県から委託を受けて、同医師会管内に居住する方を対象に、ドライブスルー方式による地域外来・検査センターを開設しました。

設置日

令和2年5月26日(火曜日)

開設場所

非公表

実施形態

週2回、各1時間
  1. かかりつけ医を通して検体採取日時の予約
  2. ドライブスルー方式でのPCR検査の検体採取

検体採取件数

1日10件程度

従事者

2市2町の小山地区医師会会員医師、看護師、誘導員等

検査対象者

  • 小山地区医師会の「かかりつけ医」を受診し、PCR検査が必要と判断された方
  • 自家用車で検査センターまでの移動が可能な方
  • 介助なしで鼻からの検体採取が可能な方

※呼吸状態が不良等、ただちに入院が必要な状態の方は対象外です。この場合は「かかりつけ医」から直接、入院治療が可能な医療機関を紹介されるか、県南健康福祉センターを通じて「帰国者・接触者外来」を受診することになります。

PCR検査費用

無料

※ただし、かかりつけ医を受診し、検査の必要があるという診断を受けたのち検査となりますので、初診料または再診料の一部負担金がかかります。

市長から市民の皆さまへのお願い

 市長から市民の皆さまへのお願い

対策本部

助成金・給付金等一覧

新型コロナウイルス感染症に伴う国や県、市の助成金・給付金等の主なものを一覧表にまとめました。
pdf新型コロナウイルス感染症に伴う助成金・給付金等まとめ(pdf 287 KB)
※助成金・給付金等の内容は、制度の拡充などで変更することがあります。詳しくは各問い合わせ先にご確認ください。
※助成金や給付金をよそおった詐欺にご注意ください。

特別定額給付金

令和2年4月20日、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策が閣議決定され、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることとなりました。
詳しくは 特別定額給付金 をご覧ください。
外国人の方向けの案内は 特別定額給付金(とくべつていがくきゅうふきん) / Special Cash Payments をご覧ください。
※特別定額給付金をよそおった詐欺にご注意ください。
※申請に不備があると給付が遅れてしまいます。これから申請される方への注意事項をまとめましたので 特別定額給付金の申請に関するお願い をご覧ください。(5月21日追加)

医療機関等への支援

  • 医療現場で不足しているマスクや防護服等の衛生資材の提供
  • 医療従事者の方々に感謝の思いを届けるため庁舎でブルーライトアップ

医療機関等への支援

小山地区医師会からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症に関連した差別・偏見・いじめ・暴力にNO

型コロナウイルス感染症に関連して、感染した方やそのご家族・関係者、感染の拡大している地域から帰国された方々、感染者の診療に携わった医療機関・医療関係者等に対して、不当な差別や偏見、いじめ、SNS上での誹謗・中傷等が行われないよう、正確な情報に基づいた冷静な行動をお願いします。
新型コロナウイルス感染症に関する人権への配慮
また、いつもと違う生活の中でDV(ドメスティック・バイオレンス)や虐待の増加、深刻化が心配されます。家庭内で弱い立場の子どもや障がいのある方、高齢者への虐待、配偶者への暴力は、回避しなければなりません。不安や心配ごとをひとりで抱え込まず、まずは電話で相談してください。
市女性相談(DV)ホットライン
児童虐待

生活に関すること

お子さん

交通

ごみ

水道

住まい

防犯・防災

その他

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農業関係者・事業者の皆さまへ

農業

商業

市役所の業務

延長窓口

5月19日(火曜日)から延長窓口を再開します。ご利用になられる方は、感染症対策にご協力をお願いします。

市民課

窓口の混雑を緩和するため、来庁せずにできる手続きや郵送での手続きをご案内します。

来庁せずにできる手続き

コンビニ交付
マイナンバーカードをお持ちで、利用者証明用電子証明書の設定をしている方は、住民票と印鑑登録証明書をコンビニで取得することができます。
コンビニ交付
郵送での手続き
転出の手続きや、住民票や戸籍事項証明(戸籍謄抄本)といった証明書の取得は、郵送で行うことができます。

行事・イベントの対応

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、イベント等の開催について下記のとおり対応します。
イベント開催の判断基準(5月19日更新)

延期

中止・休止

各施設の対応状況

市内各施設の対応についてまとめました。

対応状況一覧

施設名 対応内容 問い合わせ先
市立小中学校 段階的な取り組みを経て、6月1日から再開 学校教育課
電話:32-8918
公民館 利用の制限・条件をもうけ、貸館業務を再開
※石橋・南河内公民館の市民課窓口は通常どおり。
生涯学習文化課
電話:32-8919
生涯学習情報センター
図書館 貸し出し・返却業務のみ
開館時間は短縮(午前9時~午後1時)
※6月1日から開館時間を延長(午前9時~午後5時)
グリムの館 6月1日から再開
※グリムの森は5月25日から開園
しもつけ風土記の丘資料館・下野薬師寺歴史館 5月26日から再開 文化財課
電話:32-6105
体育施設・学校開放施設
 
学校開放施設
利用不可
屋外体育施設
5月25日~利用可
屋内体育施設
6月1日~利用可
スポーツ振興課
電話:32-8920
ボルダリング施設 6月3日から事前講習を再開
ふれあい館 4月10日~6月1日まで休館
※6月2日から一部再開
社会福祉課
電話:32-8899
きらら館 4月10日~5月31日まで休館
※6月1日から再開
ゆうゆう館 4月10日~6月2日まで休館
※6月3日から一部再開
こども発達支援センター
こばと園
4月20日~5月29日まで休園
※6月1日から再開
電話:44-6783
市立保育園 通常どおり こども福祉課
電話:32-8903
学童保育室
ファミリー・サポート・センター
市立児童館 4月18日~5月30日まで休館
地域子育て支援センターつくし 4月18日~5月29日まで休館
病児保育施設 通常どおり
病後児保育施設 薬師寺幼稚園、わかば保育園、キッズプラネットは休止
農村環境改善センター 通常どおり 電話:52-1184
南河内農産物加工センター 農政課
電話:32-8906
国分寺農産物加工センター
ふるさと道場
市民農園 電話:32-8951
ゆうがおパーク 電話:38-6390
コミュニティセンター 通常どおり 市民協働推進課
電話:32-8887
蔓巻公園 4月15日~5月31日まで営業休止
※6月1日から営業再開
都市計画課
電話:32-8909
三王山ふれあい公園 5月31日までキャンプ場とドッグランが利用休止
※6月1日から営業再開
電話:38-7150
オアシスポッポ館 通常どおり 電話:40-7388
道の駅しもつけ 5月18日~31日まで営業時間短縮
(午前9時~午後5時)
電話:38-6631
古民家カフェ「夜明け前」
(天平の丘公園内)
通常どおり 電話:38-8189
天平の丘公園 広場の遊具の利用制限(5月31日まで)
商工観光課
電話:32-8907
大松山運動公園 こもれび広場の遊具の利用制限(5月31日まで) スポーツ振興課
電話:32-8920
 ※公園の利用について

掲載日 令和2年5月29日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉部 健康増進課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
FAX:
0285-32-8604
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー