このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ > 特別定額給付金

特別定額給付金

※漏れが多い記入箇所・添付書類などについてまとめました。申請書を送付する前にぜひご確認ください。
特別定額給付金の申請に関するお願い

特別定額給付金とは

令和2年4月20日、新型コロナウイルス感染症緊急経済対策が閣議決定されました。
簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金を支給します。

外国人(がいこくじん)のみなさんへの案内(あんない) / Guide for Foreign Citizens

【がいこくじんのみなさんへ】特別定額給付金(とくべつていがくきゅうふきん) / Special Cash Payments

給付対象者と受給権者

給付対象者は、基準日(令和2年4月27日)において住民基本台帳記録されている方
受給権者は、その方の属する世帯の世帯主

一時的に下野市にいらっしゃらない方へ

4月27日以降の転出(郵便局に転送の届け出を行っていない場合)や入院、出張、休学による一時帰省等の理由で、現在下野市に居住していない市民の方は、pdf特別定額給付金申請書送付依頼届(pdf 617 KB)を下野市役所にご提出ください。
依頼届を受付後、申請書を居住地に再送させていただきます。

提出先

〒329-0492   下野市笹原26番地   特別定額給付金給付班   宛て

給付額

給付対象者1人につき10万円

給付金の申請・給付の方法

さらなる感染拡大を防止するため、給付金の申請は郵送とオンラインを基本とし、給付は、原則として申請者(世帯主)の本人名義の銀行口座への振り込みにより行います。
※やむ得ない場合に限り、窓口における申請・給付を行うこととします。

郵送申請方式

  1. 受給権者(世帯主)宛てに郵送された申請書に振込先口座などを記入
  2. 振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しを、申請書とともに郵送
※返信用封筒が同封されていますので、お使いください。

 オンライン申請方式(マイナンバーカードを所持する世帯主が利用可能)

  1. マイナポータル「ぴったりサービス」の特別定額給付金申請画面で振込先口座を入力
  2. 振込先口座の確認書類をアップロード
※電子署名により本人確認が行われるため、本人確認書類は不要です。

支給日

申請書を受付してから、おおよそ1週間から2週間後です。
ただし、申請書に不備がある場合、振込が遅くなる場合があります。
振込の際、振込日が記載されている交付決定通知書を送付しますので、ご確認ください。

申請について

申請受付開始

郵送申請

   5月14日(木曜日)から順次、申請書を送付します。

オンライン申請(マイナンバーカードを所持する世帯主が利用可能)(5月6日更新)

  5月7日(木曜日)から申請受付を開始します。

申請書について

申請書のpdf見本(PDF)表(pdf 62 KB)pdf裏(pdf 102 KB)です。ご自宅に送付される申請書には、給付対象者が記入されています。
※申請の際に添付書類が漏れている方が多くいらっしゃいます。本人確認書類は添付が必須になりますので、添付書類や記入内容を必ず確認をお願いいたします。

申請受付期限

8月17日(月曜日)(消印有効)

配偶者からの暴力を理由に避難している方へ

  配偶者からの暴力を理由に避難している方(※)で、事情により令和2年4月27日以前に今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、次の手続きをしていただくと、以下の措置が受けられます。

※配偶者からの暴力を理由に避難している方の要件・・・次の1~3のいずれかに該当する方

  1. 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること
  2. 婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関(配偶者暴力相談支援センター、市町村等)の確認書が発行されていること
  3. 令和2年4月28日以降に住民票が今お住まいの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっていること
pdf配偶者からの暴力を理由とした避難事例における特別定額給付金関係事務処理について(総務省)(pdf 410 KB)

手続き

  (1) お住まいの市区町村の特別定額給付金担当窓口へxls申出書(xls 44 KB)を提出してください。
    ※申出書は、お住まいの市区町村の窓口のほか、婦人相談所や総務省ホームページなどで入手できます。
  (2) 申出書には、次の書類のいずれかの添付が必要です。
  • 婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書
  • 保護命令決定書の謄本または正本

受けられる措置

  • 世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。
    給付金の申請は、今お住まいの市区町村に行っていただきます。
  • 手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

配偶者からの暴力を理由に避難している方の申し出の手続きについての問い合わせ先

こども福祉課家庭相談グループ  電話:0285-32-8903

代理申請・受給

代理申請・受給ができる方

  1. 令和2年4月27日 日時点での申請・受給対象者の属する世帯の世帯構成者
  2. 法定代理人(成年後見人、代理権付与の審判がなされた保佐人及び代理権付与の審判がなされた補助人等)
  3. 親族その他、平素から申請・受給対象者本人の身の回りの世話をしている方等で、市区町村が特に認める方

代理申請・受給の対象となるケース

申請・受給対象者本人が申請を行うことが困難で、かつ、代理申請が当該支給対象者のためであると認められる場合

単身世帯で寝たきりの方や認知症の方など

民生委員、自治会長、親族など、平素から世帯主本人の身の周りの世話をしている方による代理申請が可能です。
本人と代理人との関係を説明する書類や、民生委員であることを証する書類の提示・写しの添付など、寝たきりの方や認知症の方のためになすものであることを確認させていただきます。

老人福祉施設、児童養護施設・乳児院等及び知的・精神障がい者施設に入所している方

施設の職員による代理申請が可能です。
施設の職員が施設入所者のためになすものであることを確認させていただきます。

里親制度を利用している里子で、里親の住所地に単身世帯として住民登録されている方

里親による代理申請が可能です。
里親であることを証する書類として措置決定通知書を提示していただき、里親が里子のためになすものであることを確認させていただきます。

配偶者からの暴力を受けているDV被害者

民間支援団体による代理申請が可能です。
本人と代理人との関係を説明する書類や、民間支援団体の職員であることを証する書類の提示・写しの添付など、DV被害者のためになすものであることを確認させていただきます。

留置施設・刑事施設に留置・収容されている未決拘禁者

弁護士による代理申請が可能です。
本人と代理人との関係を証する書類を提示していただき、未決拘禁者のためになすものであることを確認させていただきます。

代理人の本人確認・本人と代理申請する方との代理関係の確認

代理人が給付金の受給の申請をするときは、申請書に加え、委任状(申請書の委任欄への記載を含む)の提出が必要です。代理関係を確認できない場合は、代理申請はお受けできません。

特別定額給付金コールセンター

特別定額給付金に関するお問い合わせや相談に対応するため、総務省にコールセンターが設置されています。

電話:0120-260020
応対時間:午前9時から午後6時30分(土曜日、日曜日、祝日を除く)

よくある質問

特別定額給付金に関するよくある質問はpdfこちら(pdf 161 KB) をご覧ください。

給付金を装った詐欺にご注意ください

市役所や総務省の職員等になりすまし、「給付金を振り込むのでキャッシュカードや銀行口座番号を教えてほしい」といった不審電話が全国で報告されています。
  • 市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • 市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。
  特別定額給付金を装った詐欺にご注意ください(チラシ)
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
特別定額給付金給付班     電   話:0285-32-6966
                                 メール:shimotsuke_kyufukin@city.shimotsuke.lg.jp

 

掲載日 令和2年5月18日 更新日 令和2年5月20日
【アクセス数