このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
公式サイトがつながりにくい場合にはヤフー株式会社の協力によるキャッシュサイトをお試しください
トップくらし・手続き・環境健康・医療感染症・病気に関すること> 「BA.5対策強化宣言」が延長されました

「BA.5対策強化宣言」が延長されました

令和4年8月30日(火曜日)、第87回栃木県新型コロナウイルス感染症対策本部会議が開催され、「BA.5対策強化宣言」を継続することが決定しました。
栃木県内の新規感染者数はピークを過ぎつつありますが、依然として高い水準で推移しています。また重症病床使用率は2割程度、病床使用率は5割程度であるなど医療提供体制へ大きな負荷がかかっています。
引き続き、市民の皆さま、事業所の皆さまにおかれましては、次のとおりご協力をお願いいたします。

BA.5対策強化宣言の概要

区域

栃木県全域

期間(延長後)

令和4年8月5日(金曜)~令和4年9月30日(金曜)

県民の皆さまに対する協力要請

  • ワクチン接種者含め、基本的な感染対策の実践
    「適時適切なマスク着用」、「会話する=マスクする」、「手洗い」、「ゼロ密」、「換気」など
  • 早期のワクチン接種をご検討願います。(3回目・4回目)※法に基づかない働きかけ
  • 感染リスクが高い場所等への外出・移動は慎重に判断し、特に、高齢者や基礎疾患を有する方は、感染リスクが高い場所等への外出の自粛等、感染リスクの高い行動を控えてください。
  • 帰省等で高齢者や基礎疾患を有する方と接する場合は、事前に検査を受けてください。
  • 15歳以上65歳未満で症状が軽く重症化リスクが低いと考えられる方は、発熱外来の受診に代えて、「検査キット配布センター」の活用を検討してください。
  • 15歳以上65歳未満の陽性者で重症化リスクが低く、軽症または無症状の方は、「陽性者登録センター」の活用も検討する。
  • 救急外来及び救急車は、適切に利用してください。
救急外来・救急車の適切な利用について
こんなときはすぐに119番!!【こども(15歳以下)】重大な病気やけがの可能性があります!【おとな】突然のこんな症状の時にはすぐ119番!!【高齢者】新型コロナウイルス感染症への備え(2022年7月版)
発熱がある場合に対応可能な医療機関について
栃木県では、発熱等の症状がある方の診療・検査を行う医療機関を「診療・検査医療機関」として指定し、公表の同意が得られた医療機関のリストを公表しています。
pdf小山市・下野市・上三川町・野木町(pdf 1.12 MB)の発熱がある場合に対応可能な医療機関一覧
他市町の医療機関をお探しの方は、栃木県ホームページをご確認ください。
※ページ内注意事項」を必ずご確認のうえ、事前に電話連絡をしてから受診してください

事業者の皆様に対する協力要請

  • テレワーク、時差出勤、自転車通勤など、人との接触機会を低減する取組の継続・実施
  • 基本的な感染対策の徹底
  1. 手洗い・手指消毒、せきエチケット、従業員同士の距離確保、事業場の換気励行、複数人が触る箇所の消毒、発熱などの症状が見られる従業員の出勤自粛、出張による従業員の移動を減らすためのテレビ会議の活用、昼休みの時差取得、社員寮などの集団生活の場での対策
  2. 「会話する=マスクする」運動への参加
  3. 「居場所の切り替わり」(休憩室・更衣室・喫煙室など)への注意
  • 人が集まる場所での感染対策の強化(例:屋内での催物、小売店の繁忙時間帯等)
  1. 従業員への検査の勧奨
  2. 適切な換気
  3. 手指消毒設備の設置
  4. 入場者の整理・誘導
  5. 発熱者等の入場禁止
  6. 入場者のマスクの着用等の周知
  • 高齢者施設における感染対策の強化
  1. 職員に対する頻回検査の受検を促す
  2. 面会時の事前の検査やオンラインでの面会実施
  • 業種ごとの感染拡大予防ガイドラインの徹底
  • 重症化リスクのある労働者(高齢者、基礎疾患を有する方など)、妊娠している労働者及びそうした者が同居家族にいる者に対して、本人の申出に基づく在宅勤務(テレワーク)や時差出勤などの配慮
  • 「新型コロナ感染防止対策取組宣言」の実施
  • 事業継続計画(BCP)の点検・見直し及び策定

掲載日 令和4年8月30日 更新日 令和4年9月2日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉部 健康増進課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
FAX:
0285-32-8604
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー