このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き・環境農林水産・食農業農村整備事業> 耕作放棄地対策の推進について

耕作放棄地対策の推進について

  農業従事者の高齢化や減少が進む中で、下野市においても耕作放棄地が増加傾向にあります。本市では、下野市担い手育成総合支援協議会・関係機関等と連携して、耕作放棄地の解消に取り組んでおります。

 

  平成23年から平成24年にかけて、国の耕作放棄地再生利用緊急対策事業を活用して、市内の上古山地区の耕作放棄地を再生した水田35aに米粉用の新規需要米を作付し、その圃場を「モデル実証圃場」として設定しました。

  また、耕作放棄地解消のPRのために、下野市産業祭や道の駅収穫祭において、耕作放棄地を再生して作った米粉や、米粉あんぱんの無料配布を行ないました。

 

  今回の事業計画の内容について、添付ファイルの通り、実証圃報告書としてまとめましたので、ぜひともご覧下さい。


【関連資料】
掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成29年3月9日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
産業振興部 農政課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎3階)
電話:
0285-32-8906
FAX:
0285-32-8611
Mail:
(メールフォームが開きます)