このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

文化財

文化財
前ページ 1 次ページ
シンポジウム「古代のしもつけを探るー飛鳥と東の飛鳥ー」 教育委員会事務局 文化財課
11月30日に「古代のしもつけを探るー飛鳥と東の飛鳥ー」をテーマにシンポジウムを開催します。飛鳥時代のしもつけ周辺はどのような場所だったのかを探り、東の飛鳥の実像に迫ります。
「マンガで分かる!東の飛鳥『下野市』の歴史」について 総合政策部 総合政策課
下野市の歴史をマンガで分かりやすく学ぶことのできる学習資料集「マンガで分かる!東の飛鳥『下野市」の歴史」を制作しました。
「しもつけ歴文カード」を市内2か所の資料館で配布しています 教育委員会事務局 文化財課
市の歴史的文化的な名所を紹介した「下野市歴史文化遺産カード」を市内2か所の資料館で配布していますのでぜひお越しください。
下野市歴史的風致維持向上計画を策定しました 建設水道部 都市計画課
下野市歴史的風致維持向上計画を策定しました。文化財や伝統的な行事、歴史的景観を未来へと継承したまちづくりを進めることを目的としています。
書籍『東の飛鳥-新・下野風土記-』について 教育委員会事務局 文化財課
東の飛鳥ブランド制定を記念し「東の飛鳥-新・下野風土記-」を発売しました。史跡にまつわるエピソードなど26の物語で構成されています。
下野薬師寺アプリができました! 教育委員会事務局 文化財課
アプリでよみがえる下野薬師寺
埋蔵文化財とその保護 教育委員会事務局 文化財課
埋蔵文化財とは? 埋蔵文化財とは、文化財保護法(昭和25年制定)では「土地に埋蔵されている文化財」とされています。よく耳にする言葉でいえば「遺構」や「遺物」のことをさします。「遺構」は貝塚や古墳・住居跡などといった人々の生...
国指定史跡内で土木工事等を行う場合の申請手続きについて 教育委員会事務局 文化財課
国指定史跡地内(下野薬師寺跡、下野国分寺跡・尼寺跡)において、現状を変更する際(個人住宅建設、建物の取り壊し、擁壁工事、植栽工事など)には、文化庁長官の許可が必要となります。(文化財保護法第125条第1項) そのため、現状変更の際には...
開発等に伴う埋蔵文化財に関する手続き 教育委員会事務局 文化財課
市内で開発行為を行う場合、埋蔵文化財保護のため、以下の手続きを行う必要があります。 埋蔵文化財の所在有無の照会 土木工事を行う場合、その予定地内に埋蔵文化財が所在するかどうか、市教育委員会文化財課にお問い合わせください。...
下野市の指定文化財 教育委員会事務局 文化財課
下野市には、旧石器時代から生活の痕跡があり、6~7世紀の古墳時代には有力な豪族が現れ大型の古墳が築造されました。天武天皇の白鳳時代には日本三戒壇のひとつである下野薬師寺が建立されたほか、8世紀には聖武天皇の詔により下野国分寺・国分尼寺が建立...
前ページ 1 次ページ

カテゴリー