このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

丸塚古墳

丸塚古墳(栃木県指定史跡)

丸塚古墳の写真

  丸塚古墳は、二段に築成された円墳で、墳丘第一段目に幅約10mの平坦面(基壇)をもちます。古墳の規模は墳丘第一段目である基壇の直径が58m、墳丘二段目の直径が38m、第一段目からの高さが約6mです。また。周溝を含めた直径は92mとなります。
  埋葬施設は、南に開口する横穴式石室で、玄室は凝灰岩の一枚切石による精巧な「切り組み」の技法により造られています。石室の大きさは、長さが2.24m、幅1.64m、高さ2.10mです。これまで、玄室のみの単室構造とされてきましたが、平成18年の発掘調査で玄室の前に河原石積の痕跡が確認され、複室構造であった可能性が考えられます。
  この古墳は、埴輪を伴わない大型の円墳であることから7世紀の前半に築造されたと考えられます。


掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成29年3月23日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化財課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎3階)
電話:
0285-32-6105
FAX:
0285-32-8610
Mail:
(メールフォームが開きます)