このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ観光・イベント・魅力歴史・文化史跡> 【下野薬師寺歴史館】史跡めぐりウォーキングを開催しました

【下野薬師寺歴史館】史跡めぐりウォーキングを開催しました

11月14日(日曜日)に下野薬師寺跡周辺、史跡めぐりウォーキングを開催しました。
天候にも恵まれ、皆さま、終始和やかな雰囲気で、楽しく歴史散策をしていただけたのではないかと思います。下野薬師寺跡周辺には、多くの史跡や伝説地が残されており、参加者の方々からは「地元なのに知らないことが多く発見ばかりだった」「深い話が聞けて良かった。充実した時間を過ごせた」などのご感想をいただきました。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。感染症予防対策のためのマスク着用等のご協力にも感謝します。

ウォーキングの様子

薬師寺城跡
まず「薬師寺城跡」を訪ねました。寛喜年間(1229~1232年)に薬師寺朝村が築いたと伝えられる城です。現在は、堀と土塁が部分的に残されているのみで、当時の姿を偲ぶことはできませんが、城の規模はかなりの大きさだったようです。
二月堂と十一面観音菩薩像
次に、二月堂へ。東大寺の二月堂の形式を踏まえて建立されたお堂で、本尊の十一面観音菩薩像は、奈良法相宗の高僧「徳一(とくいち)」の作と伝えられています。

鑑真和尚の碑
唐代の高僧、鑑真(がんじん)を偲んで、弟子たちが建立したと伝わる供養塔「鑑真和尚の碑」を訪ねました。
吉田が池
龍神が祀られ、池には龍神のお使いである片目の鯉が棲むという「吉田が池」で、下野薬師寺ボランテイアの会による伝説の朗読。
薬師寺八幡宮の参道薬師寺八幡宮
薬師寺八幡宮の参道を進み、境内へ。薬師寺八幡宮の本殿と拝殿は、佐竹右京大夫(秋田藩三代藩主)の援助によって再建されたと伝わります。
下野薬師寺
下野薬師寺へ。境内には下野薬師寺跡出土の礎石等があります。
PB141678
江戸時代に建てられた屋根、柱、礎石のいずれも六角形づくりの珍しい建物「六角堂」へ。ここに「戒壇(かいだん)」があったという伝承があります。市の文化財に指定されています。
歴史館前総合案内
歴史館へ戻って来ました。改めて下野薬師寺の歴史や概要をおさらいしました。

お問い合わせ

下野薬師寺歴史館

下野市薬師寺1636
電話番号:0285-47-3121
 

掲載日 令和3年11月17日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会事務局 文化財課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎3階)
電話:
FAX:
0285-32-8610
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー