このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

オレンジリボンとは

オレンジリボン

「オレンジリボン」には、児童虐待の現状を広く知らせ、子ども虐待を防止し、虐待を受けた子どもが幸福になれるように、という気持ちをこめています。

オレンジリボンマーク  児童虐待とは特別な家庭におきるものではありません。親がどんなに頑張っていても、愛情があっても、児童虐待は起こります。
  親も自分の苦しさに気づいていません。子ども自身も虐待と気づかず、自分から「助けて」と言わない場合がほとんどです。
  児童虐待を防ぐためには、一人ひとりが「子どもを虐待から守る」という意識を持って、地域や社会全体で子育て家庭を支えていくことが必要です。
  周りの大人が気づき、子どもの声を支援機関につないでください。
 
 

掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成29年3月9日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉部 こども福祉課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
FAX:
0285-32-8603
Mail:
(メールフォームが開きます)