このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップライフイベント子育てサポート・施設・コミュニティオレンジリボンキャンペーン> 平成30年度オレンジリボンキャンペーン(普及啓発活動)を行いました

平成30年度オレンジリボンキャンペーン(普及啓発活動)を行いました

オレンジリボンキャンペーンを実施しました。みんなで守ろう!こどもの笑顔

☆11月の児童虐待防止推進月間に関連し、市でも様々な取り組みを行いました。

平成30年11月4日(日曜日) 天平の芋煮会 
平成30年11月24日(土曜日) しもつけふくしフェスタ

の各会場にて普及啓発用品を配布し、啓発活動を行いました。
各会場600名、延べ1800名の方に児童虐待の早期発見へのご協力を呼びかけました。
啓発活動実施

・児童館5箇所にて各80名、子育て支援センターつくしにて100名の方に啓発グッズを配布しました。

・11月から1か月の間、下野市役所の1回ロビーにオレンジリボンツリーを飾りました。
こども福祉課窓口ツリー
児童虐待のぼり旗

☆平成30年8月21日(火曜日)には講演会が開催されました。
とちぎユースアフターケア事業協同組合 事務局長 田村 隆氏を講師に迎え、「子ども虐待の防止とその後のアフターケアについて~おせっかいは、子どもを救う~」をテーマに、
DV被害者の支援や対応から、田村先生が関わってきた事例についての話を交えながら、子どもたちに対して地域・学校・行政で何ができるのかを講演して頂きました。講演会には、民生委員・学校・保育園・認定こども園・福祉関係者など、79名の市民が参加されました。


児童虐待防止推進月間は終了しましたが、子どもの笑顔を守るために、引き続き児童虐待防止及び早期発見の取り組みにご協力お願いいたします。

虐待かな?⇒「通告する」 それは国民の義務です

   児童虐待を防ぐためには、一人ひとりが「子どもを虐待から守る」という意識を持って、地域や社会全体で子育て家庭を支えていくことが必要です。
  こども福祉課は、子育て相談や児童虐待の対応のため、家庭相談員と保健師を配置しています。児童虐待を疑う場合や虐待通告があった場合、支援を行っています。
また、要保護児童対策地域協議会を設置し、地域全体での児童虐待防止に努めております。
  確信が持てなくても「もしかして、虐待?」 と思ったら、ためらわずにお知らせください。
  あなたの勇気で救われる子どもがいます。「みんなで守ろう!子どもの笑顔」

児童虐待に関する相談

  下野市こども福祉課電話:0285-32-8903
受付時間/月~金‥午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)
児童相談所全国共通ダイヤル電話:189(いちはやく)
お住まいの地域の児童相談所につながります。
児童虐待緊急ダイヤル電話:028-686-3005
受付時間/月~金:午後5時15分~午前8時30分
土・日曜日、祝日、年末年始:24時間
  休日・夜間電話:028-665-3677


 

オレンジリボン


掲載日 平成28年11月8日 更新日 令和元年10月10日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉部 こども福祉課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
FAX:
0285-32-8603
Mail:
(メールフォームが開きます)