このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

農業を始める

農業を始める
農地等の賃貸借の合意解約について 農業委員会 農業委員会事務局
農地等の賃貸借につき、解約の申入れ、合意による解約又は賃貸借の更新をしない旨の通知が、農地法第18条第1項のただし書きの規定により許可を要しないで行われた場合(農地を所有者に引き渡す日の前6箇月以内に成立した両者合意の上の解約等)は、「農地...
農地転用許可の不要なもの(適用除外) 農業委員会 農業委員会事務局
農地の転用をするにあたって、適用除外にあたるものについては許可不要となりますので、関連資料「事業計画書」をご提出ください。添付書類については事業計画書の様式下部に記載しています。 なお、提出部数については1部で受付は随時行っており...
農地を相続したときに行う届出について 農業委員会 農業委員会事務局
農地法第3条の3第1項の規定による届出 農地法では相続で農地の権利を取得した場合に地元の農業委員会に届出る必要があります。 また、相続以外で農地法の許可を要さずに農地の権利を取得した場合(法人の合併・分割、時効等)も届出が必要に...
農地を取得、貸借する場合 農業委員会 農業委員会事務局
農地法第3条の手続きについて 農家の方が耕作目的の農地の取得(売買・贈与等)や貸借等を行う場合 ⇒ 農地法第3条の許可が必要です。 ※この許可を受けないでした行為は、その効力を生じません。 (...
農地の転用 農業委員会 農業委員会事務局
農地の転用について 農地転用許可制度は国内の農業生産の基盤である農地を確保して農業生産力を維持し、農業経営の安定を図ることを基本とし、国土の合理的な利用を図るため農地と農地以外の土地利用との調整を適切に行うことを目的としています...
農業者年金  ~年金の仕組みと政策支援~ 農業委員会 農業委員会事務局
農業者の老後生活の安定、福祉の向上のために平成14年1月1日スタートした公的な積立年金です。自分が積み立てた保険料と運用実績により、将来受け取る年金額が決まる積立方式(確定拠出型)の年金です。加入者・受給者の数に左右されにくい安定した年金制...

カテゴリー

  • 農業を始める