このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップライフイベント高齢者・介護介護保険介護保険制度とは> 令和元年台風19号により被災された方の介護サービスの利用

令和元年台風19号により被災された方の介護サービスの利用

1.介護サービスに係る窓口の利用料の支払いの免除

以下のいずれかに該当する旨を申し出た方は、令和2年1月末までの介護サービスに係る窓口の利用料の支払いが免除となります。
(1)住家の全半壊、全半焼、床上浸水またはこれに準ずる被災をした旨
(2)主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った旨
(3)主たる生計維持者の行方が不明である旨
(4)主たる生計維持者が事業を廃止し、または休止した旨
(5)主たる生計維持者が失職し、現在収入がない旨

※ 施設に入所されている方の食費・居住費については、従来どおりの扱いとなります。

2.被保険者証の提示がなくても介護サービスを利用できます

利用者の方が被保険者証・負担割合証を被災によって紛失した場合、または自宅に残したまま避難して提示できない場合でも、利用者の下記の情報を確認し、介護サービスとして取り扱いします。
○氏名
○生年月日
○住所
○負担割合

掲載日 令和元年10月24日 更新日 令和元年11月5日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉部 高齢福祉課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
FAX:
0285-32-8602
Mail:
(メールフォームが開きます)