このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

平成24年7月市長記者会見

日時:平成24年7月25日(水曜日)  午前10時から
会場:下野市役所  国分寺庁舎201会議室

市長の記者発表の様子です。動画と発表内容の要旨です。
 

平成24年7月市長記者会見
あいさつ

1.下野市の水の完成について

  下野市の災害備蓄用及び販売PR用に製造したペットボトル飲料水「夕顔のしずく、下野のおいしい水」が完成しました。
「夕顔のしずく、下野のおいしい水」の名前は4月から5月にかけて募集した結果、36名から57候補の応募があり、下野の水選考委員会による厳正な審査の結果、「夕顔のしずく、下野のおいしい水」と決定され、市内在住の4名の方々が名付親になりました。
  現在、備蓄用は配水場にストックし、販売用は道の駅しもつけで1本100円にて販売中です、その他下野市PR用として今後活用していく考えでおります。

2.宮城県亘理町応援事業について

  昨年3.11の東日本大震災において東北地方では大きな被害を受けたことは周知のことでありますが、下野市では、縁あって亘理町を支援すべく、市民をはじめ内外の皆様のご協力を得、昨年7月亘理町応援団を結成し、現地で家屋や排水溝の泥出し作業を行ってまいりました。
  また、今年4月には仮設住宅に暮らす方々を天平の花まつりにご招待し、交流をしたところです。
  今回の事業は、理容組合の皆様のお力をお借りして実施するもので、散髪し、さっぱりしてお盆を迎えていただければと企画いたしました。
  趣旨にご賛同いただいた理容師さん9名で7月31日(火曜日)亘理町の仮設住宅を訪問し実施するものです。
  また、当日は天平の花まつり時に交流した応援団員13名も派遣し、花まつりに来られた方々のお宅を訪問し、お会いしてまいります。
  なお、平成24年度応援団員を募集しておりますので、多くの皆様のご協力をお願いいたします。

※資料1参照

3.『かんぴょう生産』に関する道具及び資料の収集をおこなっています

  栃木県を代表する特産品の一つである『かんぴょう』は、江戸時代に下野国に伝わり明治・大正・昭和をとおして県内各地で生産され、現在でも栃木県の主要な農産物となっています。
  しかし、近年の食生活の変化とともに、安価な国外製品におされ『かんぴょう』の県内生産高も減少の傾向にあります。このような『かんぴょう』生産の減少は、今日まで『かんぴょう』生産を支えてきた昔からの貴重な生産道具の消滅という現象も引きおこしています。
  教育委員会では、先人達が苦労して開発した『かんぴょう』剥きの機械をはじめ、生産にかかわる貴重な資料を収集し、後世に伝承し引き継ぐことを目的とした事業を実施します。
  この事業は、栃木県に『かんぴょう』が伝来して300周年を節目として、下野市と壬生町が共同で、栃木県の「わがまち協働推進事業・広域連携事業」の補助を受け平成24年度から3ヵ年の予定で実施します。
  この収集・記録した『かんぴょう生産道具』は、国の有形民俗文化財の指定を受け、保存をはかることを目指していきます。

  • 収集資料
    • かんぴょうの生産用具の中でも特にかんぴょう剥きに関する道具や資料
    • 昭和30年代以前のかんぴょうの生産風景(かんぴょう剥き・かんぴょう干しに関する写真など)
  • 資料収集期間  随時
  • 問い合わせ先  下野市教育委員会文化課  電話0285-52-1120

※資料2参照

4.消費生活相談に係る食品等の放射性物質簡易検査の実施について

  市民の安全・安心を確保するため、市民の身近なところで食品等の放射性物質を測定することを目的に、消費者庁及び独立行政法人国民生活センターより、放射性物質簡易検査機器(簡易型ガンマ線スペクトロメーター)1台の貸与を受け、下野市消費生活センターにおいて、放射性物質簡易検査を実施いたします。
  検査予約開始日は、8月20日(月曜日)からで、検査開始は、検査員研修終了後の9月3日(月曜日)からとなります。
  対象者は市内に住所を有する成人の方、検査対象品は、消費生活相談に係る販売用農産物を除く食品等といたします。
  また、相談受付及び予約先については、下野市消費生活センターで行います。なお、検査受付時間については、月曜日から金曜日  午前9時から午後5時といたします。
  詳しくは、8月号広報及びホームページでお知らせいたします。

5.とちぎ・かんぴょう伝来300年記念

  第2回しもつけかんぴょうまつりを、7月28日(土曜日)に道の駅しもつけで開催します。  昨年、初めて開催しました「しもつけかんぴょうまつり」では、生産者と消費者の交流を深め、かんぴょうの生産振興と消費拡大をPRすることができました。今年もより一層、にぎやかにイベントを実施します。
  イベントの内容としては、小学生を対象にしたかんぴょうむき体験やゆうがおの種を飛ばして距離を競う種飛ばし大会を開催するほか、ゆうがお「ふくべ三兄弟」の重さ当てクイズやスタンプラリーを開催します。
  また、しもつけ地域活性化委員会(会長:小島(こじま)和吉(かずよし)氏)が作成したふくべ細工の鎧(よろい)兜(かぶと)を展示やステージショーなど、盛りだくさんの内容で皆様をお迎えいたします。
  さらに、かんぴょう卵とじスープ、かんぴょう入り五目おこわの無料配布や、干瓢をはじめとした農産物や加工品の販売を行います。
  そして、栃木県の食の回廊「歴史とロマンのかんぴょう街道」のPRブースも設けて情報発信を行います。

  • 日時    平成24年7月28日(土曜日)
              午前10時から午後2時まで
  • 場所    道の駅しもつけ  イベント広場及びその周辺
  • 主催    しもつけかんぴょうまつり実行委員会
  • 共催    栃木県干ぴょう生産流通連絡協議会、
              歴史とロマンのかんぴょう街道

※資料3参照

6.道の駅しもつけ夏休みエンジョイフェアについて

  道の駅しもつけでは、子どもたちも夏休みに入りまして、ご家族みなさんでご利用いただけるよう7月28日(土曜日)から31日(火曜日)までの4日間に、夏休みエンジョイフェアを開催します。期間中のイベントとして、28日(土曜日)には、とちぎ・かんぴょう伝来300年記念として、「しもつけかんぴょうまつり」を行うほか、29日(日曜日)には子どもたちに大人気の「ウルトラマンとの握手・撮影会」を行います。
  また、期間中はその場で当たる空くじなしの「お買い上げ特典大抽選会」も実施します。
  そのほかに、昨年に引き続き「クールスポット ミストシャワー」が設置されました。今年は夕方からイベント広場に広がる木々に光と霧のシャワーを当て、緑の木々をライトアップし、幻想的なイベント広場をお楽しみいただけます。
  7月2日から道の駅しもつけでは、若い方々にも積極的にご利用いただけるよう「Tポイントカード」サービスを開始しました。これまでにお客様の約3割の方がカードをご利用いただいております。なお、8月からは貯まったポイントの使用も可能となる予定です。
  さらにお客様の利便性を図るため、8月7日(火曜日)から足利銀行のATM現金自動預け払い機を設置し、ご利用いただけるようになります。既に設置済みの電気自動車急速充電器も含め、道の駅の利用者にとりまして、さらに便利に、さらに充実したサービスを展開してまいります。

※資料4、道の駅チラシ参照

7.下野市ふれあい館温水プールリニューアルオープンについて

  東日本大震災で被災し、天井が落下する等の大きな被害を受けて使用できなくなっている「ふれあい館温水プール」の復旧工事が7月末に完了する運びとなり、8月から再開できる見通しとなりました。
  このプールの復旧には、専門家からのご助言をいただき、天井を幕(まく)天井(てんじょう)として復旧し、二度と天井が落下することの無いよう施工しました。
長い間、再開できずにご迷惑をお掛け致しました。この期間は、ふれあい館の被害が意外にも大きく、被災個所の調査と設計に時間をかけたためで、利用者の安全を第一に考えたものです。

  • リニューアルオープンセレモニーと1日無料開放
  • プールは、利用時間を1時間拡大して、午前10時から午後9時30分として、8月5日から再開いたします。
  • 再開に当たり、次のとおり式典を行います。なお、8月5日は、式典終了後、プールを入場無料として開放いたします。

オープン式典

  • 日時  8月5日(日曜日)午前10時から
  • 場所  ふれあい館プール棟玄関前
  • アトラクション    
  • 午前11時から
    「トゥリトネス」水中パフォーマンスショー
  • 午前11時30分から1時間
    ダンススイミング教室    先着30名(電話で予約受付中)

式典には、議長・教育福祉常任委員長と近隣の幼稚園、保育園児9名を招待しています。
園児の皆さんには、くす玉割りの役割をお願いしています。
中学生以下で式典にお越しいただいた方に先着で100名様にプレゼントをご用意しました。

※資料4参照

8.第27回国分寺地区コミュニティ盆踊り花火大会について

  希薄化しつつある地域の連帯感をみんなの力で取りもどすため、地域をこえて、心の触れ合うあたたかい地域づくりを目的とした盆踊り花火大会が8月4日(土曜日)、国分寺運動公園で開催されます。
  今年で27回目を迎える本大会は、国分寺地区のコミュニティ推進協議会が一体となって実行委員会を組織し、準備から運営を実施しています。

  • 日時  平成24年8月4日(土曜日)午後6時30分~午後8時50分
              花火打ち上げ  午後8時15分~(約30分)
              ※雨天順延の場合、5日(日曜日)に順延
           5日も雨天の場合は中止。但し花火大会のみ実施
  • 場所  国分寺運動公園グランド内(下野市小金井280番地)
  • 主催  国分寺地区コミュニティ盆踊り花火大会実行委員会
    (事務局  下野市役所生活安全課  電話40-5555)
  • その他  出店あり

※資料4参照


 平成24年度いしばし納涼踊り花火大会開催について

  地域住民参加によるふるさとづくり運動の一環として、古くから郷土に伝わる祭りの文化である盆踊りと花火大会が8月4日(土曜日)、きらら館多目的広場で開催されます。
  いしばし納涼踊り花火大会は、住民同士の心のふれあいによる連帯感の醸成、明るく住みよいまちづくりの推進を図るため、石橋商工会が中心となり「いしばし納涼盆踊り花火大会実行委員会」を組織して実施するもので、観光事業の一環としても実施いたしています。

  • 日時:平成24年8月4日(土曜日)
                     午後7時  ~  9時15分
    花火打ち上げ  午後8時45分~(約30分間)
                       ※雨天の場合、翌日5日(日曜日)に実施
  • 盆踊り会場:きらら館  多目的広場  特設会場
    (下古山1220番地)
  • 主催:いしばし納涼踊り花火大会実行委員会
    (事務局  石橋商工会  電話53-0463)
  • その他:出店あり

※資料4参照

9.第1回グリムの森フェスティバルの開催について

  一般財団法人グリムの里いしばしでは、グリムの森・館の更なるアピールと姉妹都市ドイツの遊びを体験し、料理を食べ、ビールを飲み、そして音楽会等により、多くの市民の交流を図るため、周辺自治会や各種団体と協力し、今年度第1回目として、第1回グリムの森フェスティバルを8月18日(土曜日)~26日(日曜日)の期間に開催いたします。
  期間中イベントの内容は、18日(土曜日)にオープニングセレモニーとして「音楽団体の演奏会」、8月19日(日曜日)は「ドイツ遊び・日本の遊び・ゲームをして国際交流員やドイツの大学生との交流」、25日(土曜日)は「コスプレイベント」、26日(日曜日)は「リレー音楽発表会」、など予定しておりますので、フェスティバルを通して多彩なイベントを楽しんでいただきたい。
  また、この4日間は「グリムの森の中でドイツビール&料理を楽しもう。」としてドイツビールや料理も楽しめます。
  期間中はグリム童話200年を記念して、バーナデット・ワッツ原画展などを展示します。
  是非ご来場ください。

※資料5参照

10.交流事業について

  1. 国際交流事業について
      市国際交流協会の主催で毎年、ドイツ大学生受入事業として、「グリムの里夏期日本語講習会」を実施しており、今年は、8月17日から8月31日までの間で行われます。ミュンヘン大学の学生8名が、日本語及び日本の伝統文化等の体験を通して、日本の地方文化に親しむために来日するもので、今年で19回目となります。
    昨年度は震災のため中止となったため、1年ぶりの開催となります。
      大学生たちはグリムの館で開催される、8月19日(日曜日)のグリムの森フェスティバルに国際交流員のサポートとして参加する予定です。
      また、同会場では、「変革に挑む国ドイツ  ドイツのエネルギーシフト」についてのパネル展を8月18日から8月26日まで実施する予定です。
    ※資料6参照
  2. 国内交流事業について
      平成13年4月22日「第2回全国国分寺サミット」が旧国分寺町において開催された際に、「国分寺」の名を冠した町が全国で2町だけであったことから交流が始まり、これまでに教育・文化・スポーツの分野を中心とした様々な交流を行ってきました。
    これまでに培われた友好の輪を大切にし、高松市の小学生と交流をすることにより、他地方の風土を理解するとともに、自分たちの住む郷土への愛着を高めることを目的として、市内の小学6年生を対象に小学生派遣事業を毎年実施しており、今回で10回目を迎えます。今年は8月7日から8月9日の間、市内の小学6年生23名を派遣いたします。また、これからの下野市と高松市との絆をさらに深めるために今回は高松市役所への表敬訪問も予定しております。
      また、今年度も、高松市の小学生が、8月21日から8月22日までの日程で下野市を訪問し、交流を深める予定です。
      夏休み期間を活用した本事業を通じて、これからの両市における友好親善と子どもたちの郷土愛を深めるものになると考えています。
    ※資料7-1・資料7-2参照

市の公開している動画サイトヘ(←クリックすると外部サイト「YouTube」へジャンプします)


掲載日 平成28年12月27日 更新日 平成29年3月9日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総合政策部 総合政策課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
0285-32-8886
FAX:
0285-32-8606
Mail:
(メールフォームが開きます)