このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報・市民参加市長の部屋記者会見平成22年度 記者会見> 平成22年9月市長定例記者会見

平成22年9月市長定例記者会見

日時:平成22年9月29日(水曜日)午前11時から
会場:下野市役所国分寺庁舎201会議室

市長の記者発表の様子です。動画と発表内容の要旨です。
 
平成22年9月市長定例記者会見
 

平成22年度市政懇談会
「市長のいきいきタウントーク」の
開催について

  市長及び市幹部職員が地域に出向いて、市民の率直な意見や要望、提言を聞き、今後のまちづくりに反映させるため、市政懇談会「市長のいきいきタウントーク」を10月14日(木曜日)・15日(金曜日)・16日(土曜日)の3日間にかけて、石橋地区・南河内地区・国分寺地区の3会場で開催します。

  1. 日程
    10月14日(木曜日)午後7時~  保健福祉センターきらら館 検診室
    10月15日(金曜日)午後7時~  南河内公民館 ホール
    10月16日(土曜日)午前10時~  国分寺公民館 大ホール
  2. 内容
    市政の近況報告、意見交換
  3. 市側出席者
    市長、教育長、部長等、次長及び幹事課長、総合政策室職員

PDF ※資料1参照(PDF 501 KB)

 

eラーニングによる
全職員情報セキュリティ研修の
実施ついて
  本市では、地域情報化計画のビジョンである『誰もがICTを利用し、共に安心して暮らすことができる活力ある下野市の創造』を実現するため、情報化施策を重点的に展開しています。
  そのためには、市民の皆様に信頼される情報セキュリティ対策の確立が大切です。
そこで、職員に最新のセキュリティ技術や個人情報の取扱いに関する知識を習得させるため、調理員等の現業職を除く全職員378名にeラーニングによる情報セキュリティ研修を実施することとしました。
  このeラーニング研修は、職員1人1台のパソコンから専用サイトにアクセスし、画面を見ながら設問に答えていく方式で、講習時間は約2時間です。職員は、10月から12月の3か月間、業務時間中いつでも受講できますので、一人ひとりの業務のペースに合わせることが可能となっています。
  この研修は、総務省外郭団体である財団法人地方自治情報センターの研修事業を活用するため、市の財政的負担はありません。
  本市が、県内13市に問い合わせたところ、全職員が業務中に自席からeラーニング研修を受講するということは、県内の市では初のようです。
 

市ホームページ・携帯サイトで
PRしたい市内事業所・商店の
募集について


  本市では、総務省補助を有効に活用し、「ユビキタスタウン  しもつけ」と銘打ち、地域情報化によるまちづくりを進めています。
  昨年度までは、通信基盤の整備を重点的に進め、所期の目的を達成しました。今年度からは、その基盤を有効に活用し、市民の皆様が実感できる情報化を鋭意進めています。
  現在、情報化による市民間交流の促進と市内産業の発展を目指すため、市ホームページと市携帯サイトで市内の事業所や店舗をPRできる下野市公開電子地図を作成しています。
  そこで、今回、この電子地図上でのPRを希望する市内事業所や店舗を募集することになりました。詳細は、資料2及び資料3をご覧ください。
  まず、この募集は、市内の産業・観光・文化遺産・観光資源・商店などの情報を市ホームページ及び携帯サイトの電子地図で発信し、市民間交流の促進と市内産業の発展を目指す「いにしえ新発見プロジェクト」の一環として実施するものです。
  平成18年事業所企業統計調査では市内に2,117の事業所があります。また、市内3商工会の会員数は1,379名となります。
  市内3商工会につきましては、7月末より全会員を対象にアンケートと取材を進めており、その収集結果を電子地図に掲載することとなっております。現在の収集率は3割程度となっています。
  今回は、商工会会員以外の市内事業所や商店を対象にしておりまして、直売されている農業事業者の方なども対象になります。
  希望される方は、所定の申込用紙に基本情報とPR文を記載し、申し込みいただくこととなります。写真も掲載できます。
  このサービスは、市民間交流の促進と市内産業の発展を目指すという目的から、気軽に申し込みいただけるよう、掲載は無料とさせていただきました。受付期間は、11月30日までです。
  電子地図の公開開始は1月中旬から2月ごろを予定しています。
  商工会会員を含め市内事業所のPRは、年度末までに取りまとめる予定ですので、早ければ、新年度より電子地図上で公開できるよう準備を進めています。
  市内事業所や商店の皆様は、この機会にぜひご検討いただきたいと思います。
  なお、このような取り組みは、全国的にもほとんど例がないものと思います。

PDF ※資料2(PDF 278 KB)PDF 資料3(PDF 152 KB)参照

 

電子看板のテスト運用開始について
  先ほどの「市内事業所PR募集」と同じように、総務省補助を有効に活用した事業の「いにしえ新発見プロジェクト」について進展がありましたので、ご報告いたします。
  本庁舎玄関でお気づきいただいたかと思いますが、整備を進めていました電子看板につきまして、公共施設への設置が完了し、9月15日よりテスト運用を始めました。
  市町村での電子看板設置は、全国的には例が少なく、本市が調べた限りでは、藤沢市、四街道市、千葉市、香取市、伊東市で最近設置しているようです。栃木県内はもとより北関東初ではないかと思います。
  この電子看板は、デジタルサイネージとも呼ばれておりまして、最新技術を活用した新たな広告媒体として注目を集めているものです。大型のモニターにより、写真、動画、音声などいろいろなコンテンツを放映することができます。
  本市では、国分寺、石橋、南河内の3庁舎と、きらら館、ふれあい館、ゆうゆう館に設置いたしました。国分寺庁舎から光ファイバーを使って情報を配信する仕組みとなっています。
  民間企業が設置する電子看板は、商品のPRなどが中心になりますが、下野市としての設置ですので、その利活用は可能性を秘めていると考えております。
  市からお知らせしたいことはもとより、市内の団体からの情報発信や学校、幼稚園、保育園からの発信、場合によっては、市民が撮影した写真やビデオの放映も考えられます。また、市内の商店が低価格で広告を放映できる仕組みも念頭においています。
  本市といたしましては、市からの単なる広報媒体とはとらえていません。この電子看板を、市民間コミュニケーションの向上に役立つような媒体として育てていきたいと考えております。
  12月まではテスト運用期間とし、職員の操作習熟や放映可能な情報の選別を進め、1月ごろには本スタートをさせたいと考えております。

PDF 資料4(PDF 543 KB)参照
 
子宮頸がん予防ワクチン
接種対象者の拡大について
  今回、市民の方の要望もあり、10月1日から中学校1年生から3年生に対しても、子宮頸がん予防ワクチン接種事業を、全額公費負担で実施いたします。
  対象者数は、中学1年生296人、2年生297人、3年生307人の合計900人で、10月1日から平成23年度末までに3回接種することが条件です。
  また、平成22年6月1日から事業を開始しました小学校6年生の女子を対象としました子宮頸がん予防ワクチン接種事業について、接種の状況を報告したします。
  9月15日現在、対象者332名のうち第1回目接種者数281名、接種率84.6%、第2回目接種者数210名で、接種率63.3%です。
  未接種者に対する接種案内、また3回目の接種に対する接種案内等、今後も引き続き、多くの方に接種していただくよう周知していきたいと考えております。

天平の菊まつりについて
天平の芋煮会について
ふれあいプラザいしばし'10の
開催について
 天平の菊まつりについて
   観光の振興とイメージアップを図るため、第23回天平の菊まつりを下野市と下野市観光協会の主催により実施します。
  市内の菊の会が、長い期間丹精込めて育てた菊花の展示をきらら館会場と天平の丘公園会場の2会場で開催します。
  天平の丘公園会場での開催期間は10月31日(日曜日)から11月7日(日曜日)です。期間中の土・日・祝日に市内商工会員3店舗と公益団体(農村生活研究グループなど)4団体が出店し、菊まつりをにぎやかにします。
  また、きらら館会場での開催期間は、10月31日(日曜日)から11月14日(水曜日)です。きらら館前のロータリー周辺に展示小屋を建て、迫力満点の曜日特殊菊等の展示を行います。
会場は変わりますが、11月7日(日曜日)には大松山運動公園ピクニック広場にて「ふれあいプラザいしばし」を開催し、市民のふれあいの場として、市のイメージアップと活力あるまちづくりを目的として開催いたします。
  なお、菊まつり期間中、天平の丘公園会場にて実施するイベントについては、次のとおりです。

PDF 資料5(PDF 12 KB)参照

天平の丘公園会場でのイベント

  • 期間中の催し
    • 坊ちゃん列車を運行(夜明け前広場)
    • 民俗資料館「夜明け前」開館
  • 10月31日(日曜日)
    • 天平の芋煮会(花広場)(午前11時~午後1時)


【芋煮会の内容】

  1. 平美林会主催  「ふれあいコンサート」
    (花広場内野外ステージ)(午前10時30分~正午)
    小学校・幼稚園の音楽発表
  2. 宮史郎歌謡ショー(花広場内野外ステージ)
    (正午~午後1時)
              「女のみち」が大ヒット
  3. のだて(花広場)(午前10時)


下野市茶華道協会主催

  • 11月6日(土曜日)
    • ダンスパーティ(聖武館)(午後6時30分~)
      むつみ会主催  

天平の芋煮会について  
「天平の芋煮会実行委員会」主催で、直径2.5mの関東最大級の大鍋で調理する芋汁は、生産量日本一の下野市特産の「かんぴょう」を使用し、下野市産の里芋などの材料を使った芋汁で、3,000人分を調理します。
  この芋煮会は、商工業の活性化、市民の交流、地産地消の推進、子どもたちの自然学習、観光の振興と市のイメ-ジアップを図る目的で次のとおり実施します。

※資料5参照

  1. 日時        平成22年10月31日(日曜日)、午前11時から午後1時(芋汁引き換え時間)
  2. 場所        天平の丘公園花広場(下野市国分寺)
  3. 実行委員  市経済建設部長(委員会長)、JAおやま、国分寺商工会、平美林会
                 市地域婦人会、国分寺食品衛生協会、市ボランティア連絡協議会
  • 芋煮会メインショー
    ピンカラ兄弟の「女のみち」でご存知の  宮  史郎さんを招いて歌謡ショーを行います。(正午から午後1時まで)
  • ふれあいコンサート
    午前10時30分からステージでは、ふれあいコンサートを平美林会の主催で開催します。出演は、国分寺小学校、国分寺西小学校、国分寺東小学校、むつみ愛泉幼稚園の児童・園児です。日ごろから練習しているダンスや演奏を披露していただきます。

  ごみ減量化のため、どんぶりは、リユース食器を使用し、マイ箸運動を呼びかけています。

ふれあいプラザいしばし'10の開催について
  「ふれあいプラザいしばし」は、旧石橋町から下野市に引き継がれ、今年で5回目を迎えることとなりました。
  市民のふれあいの場として、また産業経済の発展ならびに住みよいふるさとづくりを推進し、市のイメージアップと活力あるまちづくりに寄与することを目的に次のとおり開催します。

PDF 資料5(PDF 12 KB)参照

  1. 開催日時  11月7日(日曜日)午前10時~午後3時
  2. 開催場所  大松山運動公園ピクニック広場
  3. 主催  ふれあいプラザいしばし実行委員会
  4. 共催  石橋商工会、JAおやま石橋支店、下野市観光協会、下野市
  5. 問い合わせ先  下野市経済建設部商工観光課
                       電話0285-48-2112

掲載日 平成28年12月27日 更新日 平成29年3月9日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総合政策部 総合政策課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
FAX:
0285-32-8606
Mail:
(メールフォームが開きます)