このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報・市民参加市長の部屋市長といきいきランチトーク平成27年度 開催結果(要旨)> 市長といきいきランチトーク結果概要(本町自治会有志)

市長といきいきランチトーク結果概要(本町自治会有志)

開催日  平成27年5月12日(火曜日)

出席者

本町自治会有志  代表  藤森光男氏  ほか5名 
広瀬市長
総合政策課職員

トーク概要

平成27年5月12日本町自治会有志とのランチトークの様子の写真1

  トークに先立ち、グループの概要が紹介され、皆様の自己紹介が行われました。
  その後、昼食をとりながら、大松山運動公園整備事業についての意見交換が行われました。

→  我々が住んでいる地域(本町地区)には、大松山運動公園があるが、今後、拡張整備によって家を移転しなくてはならない世帯があり、補償協議が進められているところである。この拡張整備の計画はいつ頃から検討が始まったのか。

(市長)
  栃木県内の市で陸上競技の400メートルトラックがないのは下野市だけであることから、やはり整備の必要性があるということで検討が始まりました。
  候補地として、旧町ごとに1か所ずつ、大松山運動公園、別処山公園、国分寺運動公園が挙げられ、立地や現状の設備等を検討した結果、大松山運動公園に絞られたのが2~3年前だったと記憶しています。

→  大松山運動公園整備の必要性は理解できるが、地元の人にとっては金銭には代えられない「土地(地元)に対する想い」というものがある。
  
我々の地元は以前は「どんど焼き」をやったり、今でも毎朝大松山運動公園でラジオ体操をしたりと、住民の交流も盛んな地域である。我々の子どもや孫たちにとっても「ふるさと」であり、その「ふるさと」がなくなるのは複雑な心境。
  
補償を進めるにあたっては、我々住民の心情も理解いただき、住民も高齢化していることから、早く結論を出して欲しいと思っている。

(市長)
  地域の方々には、ご迷惑をおかけすることになり、申し訳ありません。
  地元の方々のふるさとへの想いも汲み取りながら、市としてもできる限りのことをさせていただきたいと考えておりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成29年3月9日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総合政策部 総合政策課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
0285-32-8886
FAX:
0285-32-8606
Mail:
(メールフォームが開きます)