このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報・市民参加市長の部屋市長といきいきランチトーク平成24年度 開催結果(要旨)> 市長といきいきランチトーク結果概要(大松山公園公園ラジオ体操同好会)

市長といきいきランチトーク結果概要(大松山公園公園ラジオ体操同好会)

開催日  平成24年7月2日(月曜日)

出席者

大松山公園ラジオ体操同好会  代表  小島恒夫  他9名

広瀬市長

総合政策課職員

 

トーク概要

トークに先立ち、会の概要が紹介され、皆様の自己紹介が行われました。
その後、昼食をとりながら、

 

→毎日の参加者数が記録されており、2010年上半期では約2,500名だった参加者が、口コミや広報等の掲載により2011年には約4,000人、2012年には4,200人を超す参加者となりました。今年5月には一日の参加者が50人を超しました。
  また、ミニコミ紙やマスコミにも注目され新聞社の取材を受けました。単なる集まりではなく、超高齢化社会を迎えるにあたっての支え合う地域づくりという観点からの取材でした。
  徐々に参加者が増えてきてはいますが、目標の1日100人には程遠いのが現状です。そこで市内146の自治会に市から声をかけていただき、ラジオ体操を全市的に展開し、ひいては大松山公園のラジオ体操参加者を増加させる計画を考えました。
  「医」・食・住豊かなまちづくりを標ぼうとしている市の趣旨とも合致しますし、官民協働のまちづくりにもなります。地域が活気づき見守りにもなります。市内随所でラジオ体操が行われる風景を当同好会は望むものであります。

(市長)
  平成22年度にもランチトークに参加いただき、今回2回目の参加ありがとうございます。
  以前からは倍近い参加者に増えられ、また雨雪や暑さ寒さにかかわらず毎日活動を続けられていることにまず敬意を表します。
  ラジオ体操は夏休みの子どもたちが早朝集まり、どこからともなく賑やかな声が聞こえてくる夏の風物詩でした。しかし、近年少子化などからそういった風景を見かけることが少なくなりました。
  また、私も早朝散歩に出かけることが多いのですが、みんなと集まるという機会はあまりありません。健康づくりはもちろんのこと、「あの人今日はどうしたのかな?」という地域ぐるみでの見守りにもなるという点では、これから迎える超高齢化社会においては魅力ある活動であり、大松山公園だけでなく、色々な地域に広まれば良いと思われます。
平成24年7月2日大松山公園公園ラジオ体操同好会とのランチトーク様子の写真1平成24年7月2日大松山公園公園ラジオ体操同好会とのランチトーク様子の写真2 

→6万市民の心配事の一つに、日夜業務に精励する市長の健康があります。より一層市民のために活躍いただくためにも、ぜひラジオ体操にご参加ください。

(市長)
  前回に引き続き、ラジオ体操への招待状をいただきありがとうございます。
  前回から1度しか参加できていませんが、近所ということもありますので、できるだけ足を運び参加させていただきたいと思います。皆さんにご心配を掛け申し訳ありません。また、お気遣いいただきありがとうございます。
  年齢と共に代謝も下がり「痩せずらい」体になっているのだと思います。市の保健師からも体調管理するよう言われているということもありますので、これを機に頑張りたいとおもいます。

 

 

平成24年7月2日大松山公園公園ラジオ体操同好会とのランチトーク様子の写真3平成24年7月2日大松山公園公園ラジオ体操同好会とのランチトーク様子の写真4

掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成29年3月9日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総合政策部 総合政策課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
0285-32-8886
FAX:
0285-32-8606
Mail:
(メールフォームが開きます)