このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報・市民参加市長の部屋市長といきいきランチトーク平成23年度 開催結果(要旨)> 市長といきいきランチトーク結果概要(きらら館トレーニング会員)

市長といきいきランチトーク結果概要(きらら館トレーニング会員)

開催日  平成23年10月19日(水曜日)

出席者

きらら館トレーニング会員  代表  岩永博美  他10名
広瀬市長
総合政策室職員

トーク概要

トークに先立ち、岩永代表より団体の概要が紹介され、皆様から自己紹介をいただきました。

 

  その後、昼食をとりながら、

→きらら館は私たちにとって、トレーニングするだけでなく、みんなとおしゃべりをしながら和気あいあいとした憩いの場所となっています。
  現在きらら館でトレーニング指導しているスタッフは、親切・丁寧に、また時には厳しく指導していただき大変満足しています。入札により業者が変更になることがありますが、以前にサービスに満足いかない業者がトレーナーとなったことがありました。今のトレーナーには十分満足しているので、今後も継続して事業を請け負って欲しいです。

(市長)
  皆様にはきらら館でのトレーニング事業に高評価をいただきありがとうございます。お話からも、皆様がトレーナーと良好な人間関係が築けていることを伺い知ることができました。
  1社独占とならず、議会や監査、また市民の方に透明性・公平性を示すことのできるように、トレーニング事業においては3年に一度プロポーザル入札を行っています。
  業務の質が同じなら安いほうが良いですが、「安かろう悪かろう」では本来の目的を果たせません。
  プロポーザル入札にあたっては、公平性を保ちながら、これまでの実績などが評価対象となるよう総合的に判断し検討したいと思います。

 

市長よりあいさつの写真 代表よりあいさつの写真 
  
→きらら館の喫煙室とトレーニング室が近いため、窓が開いていたりするとたばこの煙が入ってきてしまいます。今年は節電で温度調整のため夏場窓を開けることが多かったため困りました。

(市長)
  今年の夏は特に皆様に節電にご協力いただき、お礼申し上げます。喫煙場所については隔離して設置しておりますが、風向きなどによって煙が入ってしまう場合があります。現場を確認し、対応を検討したいと思います。

 

 

ランチトークの様子の写真1 ランチトークの様子の写真2 

→デマンドバスは市内3地区にエリア分けされており、別なエリアに行くときに200円の乗り継ぎ料金を支払わなければなりません。夕方も5時までと不便な部分があるのではないですか。

(市長)
  デマンドバスでは受益者から一部利用料金を負担していただきます。旧町単位のエリア内であれば300円、隣りのエリアまでであれば200円を足していただきます。受益者負担をいただき、すべての方が利用できる制度にすることで、福祉タクシー、巡回バスにかかるコストと比較して縮減することができます。
  ただし、すべてを無くしてしまうのではなく、デマンドバスでは一人で乗り降りできる方を対象にしていますので、昇降が不自由な障がい者の方などへは自立支援法での福祉タクシーで支援することになります。今年度は巡回バスの運行、3月までの福祉タクシー券発行を行いながらデマンドバスを運行していき、来年の4月からはデマンドバス交通に切り替えていきます。
  運行の時間帯は午前7時から午後5時までとなっています。この時間帯を設定したのはタクシー等の民業圧迫とならないよう検討したものです。費用の一部負担や市内だけの運行としたのもそういった理由が含まれます。
  旧町エリアの範囲はデマンドバスが1時間で1周できる限度の範囲です。旧町単位のエリアを設けた理由は、エリアを設けず運行すると、デマンドバスの台数がさらに必要になりコストが掛かるということと、これまでの全国の事例をみたところ、自宅周辺の生活エリアでのデマンドバス利用が多いということからです。
市で新たに施行する事業ですので、皆様のご意見をいただきながら試行錯誤し、検討見直しを行っていきたいと考えています。

 

ランチトーク記念写真の写真 

掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成29年3月9日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総合政策部 総合政策課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
0285-32-8886
FAX:
0285-32-8606
Mail:
(メールフォームが開きます)