このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報・市民参加市長の部屋市長といきいきランチトーク平成23年度 開催結果(要旨)> 市長といきいきランチトーク結果概要(障がい児・者の保護者有志)

市長といきいきランチトーク結果概要(障がい児・者の保護者有志)

開催日  平成23年7月7日(水曜日)

出席者

  障がい児・者の保護者有志
  代表  石川由紀子  他7名

  広瀬市長

  総合政策室職員

 

トーク概要

  まず代表の石川さんより会の紹介などをお話しいただき、皆様から自己紹介していただきました。 

  その後、昼食をとりながら、

 

→2月に障がい児の学童保育施設の設置と緊急時に対応できる日中一時支援施設の設置要望し、3月の議会では議員の同内容の質問に対し、前向きに検討する旨の答弁をいただいたが、その後について聞かせていただきたい。
(市長)
  ご要望をいただいたときに、健常児と一緒の学童保育で行いたいという話が合ありました。今年度市でも4名の障がい児を持つ保護者の方から学童保育の申し込みがありました。しかし、現在の状態の学童保育でお預かりできる児童は1名でした。これは特別に保育士を配置するのではなく、通常の学童の中で見守りができる範囲でのお預かりでした。お預かりできなかった児童はほかの幼稚園などで受け入れていただいています。
  検討しているなかで、石橋地区の学童が公設民営(預かっている児童の保護者によって組織・運営されている)の状態を一度公設公営に戻し、横並びの状態にしてから運営を民間委託したいと考えています。しかし、これには委託を受ける業者の負担や、民業圧迫とならないか、など調整する課題があります。またそのしわ寄せで、子どもたちに負担が行かないようにしていかなければなりません。
  保護者の方には動きが見えず申し訳ありませんが、水面下でアヒルのバタ足のように動いておりますのでご理解いただければと思います。

 

→子どもが小学生で、学童保育に週2回預けている。夫婦とも勤めている。幼稚園や学童保育に預けることにより保護者としても成長できた。子どもも健常児と一緒の過ごし方を経験でき社会性を向上することができる。
→幼稚園の学童保育にお願いしている。家に帰るのを嫌がるぐらい(学童保育を)よろこんでいる。帰ってきてもすぐに眠ってくれる。送迎もしていただいている。

(市長)
市では送迎という部分がネックとなる。"官"と"民"がそれぞれできることがある。現在の民業でできる学童保育の部分を"官"が行っているところもある。  

平成23年7月7日の障がい児・者の会での市長よりあいさつの様子の写真平成23年7月7日の障がい児・者の会での代表よりご挨拶をいてる様子の写真

 

→愛泉幼稚園で預かっていただいているが、部屋が手狭なようである。幼稚園も改築等に私費を使われているようである。
(市長)
  認定こども園むつみ保育園は栃木県で一番最初でした。ただし国県の補助を受けた中であのスペースが精いっぱいでした。第二愛泉保育園も認定をとりました。
  石橋地区のグリム保育園も満員であり、受け入れを広げるため60から70名程度を預かれる民間保育園を公募しています。
  こういった話を市幼稚園連合会を前に話をしており、市、幼稚園とも共通の認識のもとにあります。

 

→県内の先進地で行っている事例を職員の方と視察し、保護者の生の声を一緒に聞いてもらい、反映させてもらいたい。
→私の子どもは来年高校生になるのですが、学校から帰宅後の過ごし方で日中一時支援を利用しています。しかし市内だけでは空きがなく、市外施設も利用しなければなりません。そういった部分の拡充をしてほしい。
→私の子どもは高校を卒業しています。高校を卒業する子の保護者は「このあと過ごせる施設があるのか」という不安があります。学校を卒業してからの人生の方が長いので、通所・入所の施設も充実してもらいたい。

(市長)
  そうですね。
  大きな課題はお財布です。国の行く先が見えず予想が建てにくい状況です。先々国の補助が無くなっても、自分たちで行えるように計画しなければなりません。
  コストパフォーマンスもありますが、効率性がないことを行うのも行政の役割ですので、その中でバランスをみていきたいと思います。

 

→障がい児・者が普通に街を歩き、市内の施設に通えるようなまちにしてほしい。
(市長)
  周りのみんなが知り合いになり、近所で「誰々さんちの、なにちゃんだね。」という風にならなければならない。そのためには健常者・障がい者関係なく交流がなければならない。その反面事故などの心配もしなければならないので、専門家の意見なども取り入れながら、みなさんと取り組んでいきたいと思います。

 

平成23年7月7日の障がい児・者の会でのランチトークの様子の写真1平成23年7月7日の障がい児・者の会でのランチトークの様子の写真2

掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成29年3月9日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総合政策部 総合政策課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
FAX:
0285-32-8606
Mail:
(メールフォームが開きます)