このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き・環境市税について個人住民税> 公的年金所得の計算のしかた

公的年金所得の計算のしかた

公的年金の所得は「雑所得」に該当します

 
公的年金の年間総収入額と公的年金所得の関係

年齢

公的年金の年間総収入金額(A)

公的年金所得(雑所得)

65歳以上

~3,299,999円

      (A)-  1,200,000円  

3,300,000円

~4,099,999円

      (A)×75%  -  375,000円

4,100,000円

~7,699,999円

      (A)×85%  -  785,000円

7,700,000円~

      (A)×95%  -  1,555,000円

65歳未満

       ~1,299,999円

      (A)-  700,000円

1,300,000円

~4,099,999円

      (A)×75%  -  375,000円

4,100,000円

~7,699,999円

      (A)×85%  -  785,000円

7,700,000円~

      (A)×95%  -  1,555,000円

 

  • 公的年金所得の計算例

  年齢:70歳

  公的年金収入額:280万円

  上記表の計算式に当てはめると      2,800,000円-1,200,000円  

                                           =1,600,000円(所得額)

  年齢:60歳

  公的年金収入額:280万円

  上記表の計算式に当てはめると      2,800,000円×75%-375,000円  

                                            =2,100,000円-375,000円

                                            =1,725,000(所得額)

 

  ※公的年金収入額が400万円以下の方で、その他の所得金額が20万円以下の方は所得税の申告をしないことを選択できます。

  しかしながら、以下の方につきましては住民税の申告が必要になります。

 

  1. 公的年金以外の所得がある方(給与所得者は給与支払報告書の提出があれば不要)
  2. 控除内容に変更や追加のある方

(例えば配偶者控除・扶養控除・障がい者控除・生命保険料控除・医療費控除等を追加する場合)

 


      掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成29年3月9日
      【このページについてのお問い合わせ先】
      お問い合わせ先:
      総務部 税務課
      住所:
      〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
      電話:
      0285-32-8893
      FAX:
      0285-32-8605
      Mail:
      (メールフォームが開きます)