このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  くらし・手続き・環境 >  国民年金 >  受給について >  国民年金受給の手続き

国民年金受給の手続き

国民年金受給の手続き
年金を受け取るために必要な期間(受給資格期間) 市民生活部 市民課
保険料納付済期間・保険料免除期間 平成29年8月より、以下の期間(受給資格期間)が合計で10年あれば老齢年金がもらえるようになりました。 国民年金の第1号被保険者として、保険料を支払った期間 昭和36年4月以降...
65歳からの年金・・・老齢基礎年金 市民生活部 市民課
老齢基礎年金 老齢基礎年金は、公的年金に加入して保険料を納めてきた人に、原則として65歳から支給されます。 60歳から受け取ることができます。 70歳まで遅らせて受け取る金額を増やすことができます。 ...
60歳から年金が受け取れます/70歳まで待って額を増やせます(繰上げ・繰り下げ請求) 市民生活部 市民課
60歳から・・・老齢基礎年金の繰上げ請求 老齢基礎年金は、原則として65歳から受け取ることができますが、希望すれば60歳から65歳になるまでの間でも繰上げて受けることができます。 年齢の計算は「年齢計算に関する法律」...
障がい者になったときの年金(障がい基礎年金・特別障がい給付金) 市民生活部 市民課
障がい基礎年金 障がい基礎年金は、原則として、国民年金に加入中にけがや病気で重い障がいを負ってしまった人に支給されます。 ただし、障がいの原因となった病気などで初めて病院にかかるより前に、保険料を納めた期間と、免除や...
遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金 市民生活部 市民課
遺族基礎年金 国民年金に加入中か、または老齢基礎年金を受けられる人が亡くなったときに、遺族に支給される年金です。 ただし、亡くなった方が、保険料を納めた期間と、免除や学生納付特例等を受けた期間を合わせて、2/3以上あ...
福祉年金 市民生活部 市民課
福祉年金 国民年金制度が整備された、昭和36年4月の時点で、すでに高齢だったり、障がいや母子の状態だった人などは、拠出年金が受けられないことがあったためにできた制度です。 基礎年金制度の導入に伴い、従来の障がい福祉年金や...
年金を受けている人の手続き 市民生活部 市民課
年金を受けている間の手続き 引越ししたとき 引越し先の年金事務所へ、「年金受給権者住所変更届」を提出してください。 現況届について 年金受給者の現況届が原則...
年金受給者の現況届について 市民生活部 市民課
年金受給者の現況届が原則不要になりました 日本年金機構では、年金受給者の皆様の手続きの簡素化を図るため、平成18年10月から住民基本台帳ネットワークシステム(以下「住基ネット」といいます。)を活用して年金受給者の皆様の現況確認...
年金の請求、問い合わせ先 市民生活部 市民課
農家、自営業など、国民年金にしか加入したことがない方 ・・・下野市役所市民課(本庁舎) 会社に勤めたことがある方(厚生年金加入者) 会社に勤めていた配偶者に扶養されていた方(第3号被保険者) ・・・栃木年金...