このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き・環境水道・下水道水道お知らせ> 専用水道設置者の責務

専用水道設置者の責務

  利用者に対し安全な水を供給するため、設置者は以下のことを行う必要があります。

 

  1. 布設工事着手前の市への確認申請(水道法第32条)
  2. 給水開始前の市への届出(同法第13条)
  3. 水道技術管理者の選任(同法第19条)
  4. 定期、臨時の水質検査の実施及び記録の保存(5年間)(水道法第20条)
  5. 従事者の健康診断の実施及び結果の保存(1年間)(同法第21条)
  6. 消毒その他衛生上必要な措置の実施(同法第22条)
  7. 給水の緊急停止(同法第23条)

掲載日 平成28年12月27日 更新日 令和元年9月20日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
建設水道部 水道課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
FAX:
0285-32-8608
Mail:
(メールフォームが開きます)