このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

ノロウイルスに気をつけましょう

  ノロウイルスによる食中毒は、ノロウイルス感染症が流行しやすい11月から3月頃の寒い時期に発生することが多い食中毒ですが、暖かい時期にも発生しています。

  感染すると、子どもや高齢者は症状が重篤化することもありますので、しっかり予防することが大切です。

感染経路

  ノロウイルスの感染経路としては主に次のものが挙げられます。

  • 汚染された貝類を、生もしくは十分に過熱しないで食した場合
  • 食品取り扱い者が感染しており、その人が扱った食べ物を食べた場合
  • 患者のふん便などから二次感染する場合

症状

  嘔吐(おうと)、下痢、発熱、腹痛など

予防対策

  • 食品を加熱する際は、中心部まで十分に加熱しましょう。
  • まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等は熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱が有効です。
  • 調理の際は、石けんを使って十分に手を洗い、マスクや調理用手袋を着用するようにしましょう。
  • 下痢や嘔吐などの症状があるときは、調理や食品を取り扱う作業は控えましょう。
  • 調理(加熱)前の食品を扱った調理器具は、使用後、洗剤と流水でよく洗い、漂白剤や熱湯で消毒しましょう。

掲載日 平成30年3月21日 更新日 平成30年3月22日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉部 健康増進課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
0285-32-8905
FAX:
0285-32-8604
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

  • ノロウイルスに気をつけましょう