このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き・環境消費生活トピックス(お知らせ)注意喚起情報> 個人年金保険の銀行窓口販売に関するトラブル増えています

個人年金保険の銀行窓口販売に関するトラブル増えています

  -高齢者を中心に相談が倍増-

  経済状況の悪化により個人年金保険契約における運用は厳しくなり、積立金金額が支払った保険料額を下回るものもあります。契約にあたり、金融機関はリスクなどを十分に説明する義務があります。しかし、金融機関ではリスクを十分に説明されないまま消費者が本来希望している内容とは異なる商品を契約させるケースが生じています。  

  • 不意打ちに勧誘する、断っているのに執拗に勧誘する。
  • 商品性やリスクについて、消費者が理解できるように説明していない。
  • 形式的に署名捺印を求めている。  
  • クーリング・オフの説明不足、クーリング・オフ妨害。  

  など、疑問に感じることがあったら、

  • 金融機関の販売員の説明だけで判断せず、必ず資料を確認すること。  
  • 理解・納得できなければ、書面に署名捺印しないこと。  
  • トラブルにあったら、消費生活センターに相談すること。

  ※  安全・安心な生活のためには、相談と確認が大切です。

 

****************************************************
  下野市消費生活センター(下野市役所2階  安全安心課内)  

  専用ダイヤル  44-4883

****************************************************
  開設日    : 月曜日~金曜日(祝日及び年末年始を除く)  
  開設時間 : 午前9時~午後5時(正午~午後1時を除く)

 

  ※  来所でのご相談は、事前にご予約ください!


掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成30年2月21日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民生活部 安全安心課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
FAX:
0285-32-8609
Mail:
(メールフォームが開きます)