このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

不妊治療費・不育症治療費の助成

下野市では、人工授精、特定不妊治療(体外受精・顕微授精)、不育症治療を受けた夫婦に治療費の一部を助成しています。

また、特定不妊治療の一環として男性不妊治療(精巣や精巣上体から精子を採取する手術であるTESE、MESA、PESA等)を行った場合、男性不妊治療に係る医療費分の上乗せ助成を行います。

助成についての概要は下記のとおりですが、必ず「pdf下野市妊娠サポート事業案内(pdf 201 KB)をご確認ください。

対象者 

  法律上の婚姻をしている夫婦で、次のすべてに該当する方が対象者です。 
  1.  下野市に1年以上住所を有する方
  2.  市税を滞納していない方(所得制限はありません)
  3.  医療保険に加入している方(被保険者、組合員及び被扶養者)
  ※治療内容による条件もありますので、必ず「pdf下野市妊娠サポート事業案内(pdf 201 KB)」をご確認ください。

助成の内容

  • 1年度とは、4月1日から翌年3月31日までとなります。
  • 治療費から他の助成額を差し引いた額の1/2(100円未満切り捨て)と下表の助成限度額のうち、低い額を助成します。
  • 特定不妊治療の場合、市の事業とは別に栃木県の助成事業があります。県の事業の条件を満たしている場合は、県事業の手続きを先に済ませてください。
    栃木県の事業はこちら→栃木県不妊に悩む方への特定治療支援事業(外部リンク)
助成対象一覧
治療 助成回数

助成限度額
(治療費から他の助成額を差し引いた額の1/2を基準)

申請書
人工授精
  • 1年度(数回分まとめて)1回
  • 通算2年度分(2回まで)
1回の申請で5万円 pdf下野市不妊治療費(人工受精)助成金交付申請書(pdf 136 KB)

pdf記載例(pdf 168 KB)






体外受精・顕微授精分 

  • 1回の治療ごとに申請
  • 初めての申請における治療開始時の妻の年齢により下記の回数
    • 40歳未満
      ⇒43歳になるまでに6回
    • 40歳以上43歳未満
      ⇒43歳になるまでに3回

1回の申請で10万円
(凍結胚移植や、採卵したが卵が得られない、または状態の良い卵が得られずに中止した場合は5万円)

pdf下野市不妊治療費(特定不妊治療及び男性不妊治療)助成金交付申請書(pdf 198 KB)

pdf記載例(pdf 199 KB)
 

※所得オーバーなどの理由により県に申請できなかった方はpdf同意書(pdf 81 KB)も必要です。

男性不妊治療分(上乗せ助成)

  • 一環として行われる特定不妊治療と合わせ1回ごとに申請
  • 上記特定不妊治療分の助成回数内
※必ず特定不妊治療と一緒に(申請書で)申請してください。

1回の申請で10万円

(凍結胚移植の場合は対象外)

不育症治療
  • 1年度1回まで
  • 不育症治療を開始した日から出産(流産・死産等を含む)に伴い治療が終了するまでの期間
1回の申請で30万円 pdf不育症治療費助成金交付申請書(pdf 144 KB)

pdf記載例(pdf 179 KB)

申請期限

  治療を受けた年度の翌年度末まで

  (県等から助成がある場合、助成決定日の属する年度の翌年度末まで)

必要書類


掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成31年4月25日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉部 健康増進課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
FAX:
0285-32-8604
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

  • 不妊治療費・不育症治療費の助成