このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップライフイベント子育て子育てQ&Aおかねひとり親の方へのお金の支援> 離婚することになった。親権は児童扶養手当受給資格に関係するのか知りたい。(2012.11.26)

離婚することになった。親権は児童扶養手当受給資格に関係するのか知りたい。(2012.11.26)

児童扶養手当は、支給要件に該当する児童を監護している母、監護しかつ生計を同じくする父、父母に代わって養育している方に支給されます。

「監護」とは

監督し、保護することです。主として精神面から児童の生活に種々配慮し、物質面から日常生活において児童の衣食住などの面倒をみていることをいいます。親権の有無を問わず、また、必ずしも同居を要件としません。

「養育」とは

児童と同居して児童を監護し、かつ、児童の生計を維持することです。


このように、児童扶養手当は、親権がなくても実際にお子さんを監護又は養育しているのであれば、対象になります。


掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成29年3月9日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉部 こども福祉課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
0285-32-8903
FAX:
0285-32-8603
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー