このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

離婚の際に称していた氏を称する届

離婚届によって婚姻前の氏に戻る人が、婚姻中の氏を引き続き使用するための届出です。離婚届がされると本来は旧姓に戻ることになりますが、この届を出すことで婚姻中の氏を継続して使うことができます。

届出の用紙

市役所(本庁舎)の市民課窓口でお渡しします。

提出日

離婚した日から3ヶ月以内

届出場所

  • 本籍地
  • 届出人の住所地
下野市における受付場所については戸籍の届出をご覧ください。

届出人

婚姻中の氏を引き続き使用する本人

必要なもの

  • 印鑑(届出人のもの)
  • 戸籍謄本(※下野市に本籍がない場合)

注意事項

  • 届出人の署名、押印は届出義務者がしてください。
  • 届出人が署名したものならば、親族その他の方がお持ちいただいても大丈夫です。
  • 離婚後3ヶ月を経過すると、この届出によることは出来ません。家庭裁判所の許可を得て、氏変更届(戸籍法107条1項)をすることになります。

関連する届 

離婚届
入籍届


掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成30年7月19日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民生活部 市民課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
0285-32-8896
FAX:
0285-32-8600
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

  • 離婚の際に称していた氏を称する届