このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

下野市ブロック塀等撤去費補助制度

下野市では、地震等によるブロック塀等の倒壊、転倒の事故を未然に防止し、災害に強いまちづくりを推進するため、ブロック塀等の撤去等を行う所有者等に対して、ブロック塀等の撤去・一部撤去に係る費用の一部を助成します。
補助を受けるためには、工事を行う前に申請が必要となります。
また、年度ごとの予算の枠に限りがあるため、補助期間の途中でも予算が無くなり次第、受付を終了します。

下野市ブロック塀等撤去費補助金の概要

1.補助の対象となるブロック塀等

市内に存するコンクリートブロック造、石造、レンガ造等であって、道路等に接面し、地盤面からの高さが80センチメートル以上のもので、かつ、「ブロック塀等の点検のチェックポイント」に掲げる基準に適合しない項目が一つでもあるもの
※ 民地間に設置されているブロック塀等は、補助の対象外となります。
 

区 分 補強コンクリートブロック造の塀等
「ブロック塀等の点検のチェックポイント:補強コンクリートブロック造の塀等」
塀の高さ 地盤面から2.2メートル以下
壁の厚さ 塀の高さが2メートル超:15センチメートル以上
塀の高さが2メートル以下:10センチメートル以上
控 壁 (塀の高さ1.2メートルを超える場合)
塀の長さ3.4メートル以下ごとに、径9ミリメートル以上の鉄筋が入った塀の高さの5分の1以上突出した控壁がある。
鉄 筋 塀の中に径9ミリメートル以上の鉄筋が縦横とも80センチメートル間隔以下で配筋されており、
縦筋は壁頂部及び基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされている。
基 礎 (塀の高さ1.2メートルを超える場合)
丈が35センチメートル以上、根入れの深さが30センチメートル以上の鉄筋コンクリート造の基礎がある。
健全性 塀に傾き、ひび割れ、ぐらつきはない。

 

区 分 組積造の塀等(レンガ造、石造、鉄筋のないブロック造等)
「ブロック塀等の点検のチェックポイント:組積造の塀等」
塀の高さ 地盤面から1.2メートル以下
壁の厚さ 各部分の壁の厚さがその部分から壁頂までの垂直距離の10分の1以上ある。
控 壁  塀の長さ4メートル以下ごとに、塀の厚さの1.5倍以上突出した控壁がある。
基 礎 根入れの深さが20センチメートル以上ある。
健全性 塀に傾き、ひび割れ、ぐらつきはない。

 

2.補助の対象となる工事

ブロック塀等の全て又は道路等の地盤面からブロック塀等の頂部までの高さを80センチメートル以下の高さに除却する工事。

3.補助対象者

次に掲げるいずれの要件も満たす方とします。
(1) 市内に存するブロック塀等の所有者等
(2) 同一のブロック塀等の撤去等に対して、補助金の交付を受けていない方
(3) ブロック塀等の撤去等を市内に事務所若しくは事業所を有する法人又は市内に住所を有する個人事業者に請け負わせる方
(4) ブロック塀等撤去が設置されている土地又は付属する建物の販売に伴い行うものでない方
(5) ブロック塀等が、国又は地方公共団体が行う移転補償に係る事業の対象になっていない方
(6) 国税・県税・市税の滞納のない方

4.補助金額

補助金額
通学路に面している場合 撤去工事費と対象工事の塀等の長さに15,000円/メートルを乗じて得た額(1,000円未満切り捨て)とを比較して、いずれか少ない方の額に3分の2を乗じて得た額
上限:200,000円
通学路以外の道路に面している場合 撤去工事費と対象工事の塀等の長さに15,000円/メートルを乗じて得た額(1,000円未満切り捨て)とを比較して、いずれか少ない方の額に2分の1を乗じて得た額
上限:150,000円

※ 通学路:市内小中学校の児童・生徒が通学のために使用する経路のうち、学校長が指定した区間

5.補助金交付申請から補助金交付までの流れ

交付手続きフロー図

 

    掲載日 令和元年6月27日 更新日 令和2年11月25日
    【このページについてのお問い合わせ先】
    お問い合わせ先:
    建設水道部 都市計画課
    住所:
    〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎3階)
    電話:
    FAX:
    0285-32-8612
    Mail:
    (メールフォームが開きます)

    カテゴリー

    • 下野市ブロック塀等撤去費補助制度