このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

姉妹都市の概要

姉妹都市ディーツヘルツタールのマーク  フランクフルトから北西に約100kmの位置にある姉妹都市「ディーツヘルツタール」は、ドイツのほぼ中央に位置するヘッセン州内にあり、面積は37.45km²、人口約6,000人の小さな山間の町です。町には平均40~80日間積雪のある山と渓谷、市の名称の由来ともなっている「ディーツヘルツェ川」があり、これらの自然によって美しく多彩な景観が生み出されています。また、町の一角には日本風の園芸を施した庭園があり、石で造られた石橋のモニュメントが下野市とディーツヘルツタールの友好を表しています。

  このように、自然環境に恵まれている姉妹都市は、1971年2月2日、「シュタインブリュッケン」と「エヴァースバッハ」が合併、1972年4月1日には「マンデルン」が、そして1977年1月1日には「リッタースハウゼン」が合併し現在に至っています。


    掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成29年3月9日
    【このページについてのお問い合わせ先】
    お問い合わせ先:
    総合政策部 市民協働推進課
    住所:
    〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
    電話:
    0285-32-8887
    FAX:
    0285-32-8606
    Mail:
    (メールフォームが開きます)