このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ市政情報・市民参加市民活動・コミュニティ交流事業国際交流姉妹都市> 第1回下野市中学生海外派遣を実施しました

第1回下野市中学生海外派遣を実施しました

下野市として初の姉妹都市訪問

  第1回下野市中学生海外派遣団(中学生30名、引率7名)が平成20年8月4日から10日までの7日間、ドイツの姉妹都市ディーツヘルツタールを訪れました。「迎えてくれた姉妹都市の人達に感動した」「言葉の壁があって心配だったけど、ホストファミリーが優しくて良かった」「姉妹都市に友達ができてとても嬉しかった」等々、下野市の中学生たちは、姉妹都市の人々との深い交流と大きな思い出を胸に故郷・下野市に帰ってきました。

 

  中学生一人が一家庭にホームステイをして、家族の一員としてドイツの一般家庭での生活を体験しました。はじめは言葉や文化の違いに不安と緊張の表情でしたが、現地の中学生が企画してくれたスポーツ交流を通して、言葉の壁という大きな障壁をものともせずに、笑顔で積極的にコミュニケーションをとる姿が見られました。姉妹都市の中学生が通う中学校を訪問した際には、現地の中学生に案内してもらいながら校舎内を見学しました。実際にドイツの授業を受けたり、食堂で一緒に昼食をとったりと、主に英語でコミュニケーションをとり、ジェスチャーを交えながら楽しく交流しました。

出発式の様子

出発式の様子の写真出発式の様子の写真

初めての体験・思い出に残る交流

滞在4日目の夜には歓迎パーティーが開かれ、姉妹都市関係者やフランクフルトの日本大使館副領事を含む約200名が参加しました。ドイツの中学生がブラスバンド、ダンス、歌等様々な催し物で下野市の派遣団を歓迎してくれた後、お礼として下野市の中学生から日本の歌の合唱、書道を披露し、会場から大きな拍手が沸き起こりました。

  また、ライン川下り、教会、古城の跡などを見学し、ドイツの歴史、文化を肌で感じることができ、派遣団員それぞれが充実した毎日を過ごしました。

  初めての体験の連続で、団員にとってあっという間の滞在期間でしたが、滞在中すべての行動をともにしたホームステイ先の中学生とは、心と心の交流を通し、お互いに深い絆と生涯忘れることのできない思い出をつくることが出来たようです。最終日、フランクフルト空港では、肩を抱き合い、涙を流しながら別れを惜しむ姿がみられました。お世話になった人々に感謝し、ホームステイ先の中学生との日本での再会を約束して、帰国の途につきました。

 

  また、この中学生海外派遣と合わせて、アウラント市長と古口教育長による両市の代表者懇談を行い、石橋町当時に締結した姉妹都市関係を継承していく意向で合意し、今後も友好を深めながら、交流を進めていくことを確認いたしました。

ライン川下りの様子・歓迎パーティーにて歌を披露する派遣団

ライン川くだりの様子の写真歓迎パーティで歌を披露する派遣団の写真

レストランでドイツ料理や、スポーツゲームも

レストランでの写真スポーツゲームの写真

アウラント市長と下野市教育長、日本庭園にて集合写真

アウラント市長と下野市教育長の写真日本庭園での集合写真

別れ際には涙する場面も・・・

空港でのお別れの写真


姉妹都市ホームページにも下野市中学生海外派遣団のことが載っています。(下のリンクをクリックしてください。)


掲載日 平成28年12月27日 更新日 平成29年3月9日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総合政策部 市民協働推進課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
0285-32-8887
FAX:
0285-32-8606
Mail:
(メールフォームが開きます)