このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

バリアフリー改修工事に伴う固定資産税減額申請書

用途

一定の要件を満たした住宅のバリアフリー工事を行い、翌年の固定資産税を減額するための申請用紙です。

内容

高齢者の方等が安心して居住することができる住環境の整備を促進するため、以下の要件を満たすバリアフリー改修工事を行った場合、当該家屋に係る翌年度分のみ、固定資産税額(100平方メートル相当分)が3分の1減額されます。

※工事完了後3ヶ月以内に申告してください。申告の提出が遅れた場合は、理由を付記していただきます。

対象者

  1. 居住者の要件
  • 65歳以上の方
  • 要介護認定または要支援認定を受けている方
  • 障がい者の方
  1. 改修工事の要件    
  • 新築されてから10年以上を経過した住宅
  • 平成19年4月1日~平成30年3月31日までの間に行われた改修工事
  • 国または自治体からの補助金や介護保険からの給付等を除く工事費の合計が50万円を超えるものである
  • 改修後の住宅の総面積が50平方メートル以上である
  • 次のア~クのいずれかに該当する  

    ア  廊下の拡幅          イ  階段の勾配緩和    ウ  浴室の改良
    エ  トイレの改良          オ  手すりの取付け    カ  床の段差解消
    キ  引き戸への取替え  ク  床の滑り止め

  ※ 賃貸住宅及びマンションは対象外です。
  ※ この減額措置の適用は一回かぎりです。
  ※ 新築住宅特例や耐震改修特例を受けている年度には適用されません。

添付書類

  •  バリアフリー改修工事に伴う固定資産税減額申請書
  •  工事費用の支払いを確認できる領収書(補助金等を受けている場合はその決定通知書等も必要です。)
  •  改修工事の内容及び費用を確認できる明細書
  •  改修箇所の図面
  •  写真(改修前と改修後のもの)  

    (その他、居住者の要件を確認する際に身体障がい者手帳等を提示していただくことがあります。)

 

    持参するもの

    届出人の印鑑

    手数料

    無料

    届出・申請先

    下野市 税務課 資産税グループ

    受付時間

    午前8時30分から午後5時15分(土曜、日曜、祝日、年末年始を除く)

    郵送申請

           可

    標準処理時間

    1週間程度(書類を審査し減免が決定された場合は、所有者の方へ通知いたします。)

    申請書ダウンロード

    記入例

    クリックすると記入例(PDF)が別ウインドウで開きます。。
    青字は記入していただく内容、赤字は特に注意していただきたい内容です。

     

    ご利用上の注意

    1. 申請書を印刷する用紙はA4サイズの白紙をお使いください。
    2. 印刷が不鮮明な場合、受付できないことがありますのでご了承ください。
    3. 書式の文字等を変えての利用はご遠慮ください。
    4. 申請書(様式)は変更されることがあります。必ず最新のデータをご確認のうえ、ご利用ください。

    掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成29年3月9日
    【このページについてのお問い合わせ先】
    お問い合わせ先:
    総務部 税務課
    住所:
    〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
    電話:
    0285-32-8893
    FAX:
    0285-32-8605
    Mail:
    (メールフォームが開きます)

    カテゴリー

    • バリアフリー改修工事に伴う固定資産税減額申請書