このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし・手続き・環境防災災害に備えるその他防災マップ・ハザードマップ> 大規模盛土造成地マップ(宅地耐震化推進事業)

大規模盛土造成地マップ(宅地耐震化推進事業)

大規模盛土造成地マップについて

平成7年の阪神・淡路大震災や平成16年の新潟県中越地震などにおいて、大規模な造成宅地で滑動崩落による被害が発生しました。これを踏まえ、国では、地震時の宅地の安全性を確保するため、平成18年に宅地造成等規制法を改正するとともに、大規模盛土造成地の位置や規模を把握するための調査や、滑動崩落を未然に防止するために必要な工事などを支援する宅地耐震化推進事業を創設しました。
このマップは、栃木県内の大規模盛土造成地の周知と防災意識の向上、災害の防止や軽減につなげることを目的としています。栃木県において、大規模盛土造成地の抽出調査が行われ、その結果を栃木県のホームページにて公表しています。(栃木県HPのリンクはこちら
今後は、大規模盛土造成地のモニタリング調査を実施し、安全性を確認するなど、大地震時等における災害の防止に努めていきます。

大規模盛土造成地とは

「谷埋め型」と「腹付け型」の2種類の盛土があり、次のいずれかの要件を満たすものを大規模盛土造成地としています。
  • 谷埋め型 : 盛土をした土地の面積が3,000m2以上
  • 腹付け型 : 盛土をする前の地山の傾斜が20度以上の角度かつ盛土の高さが5m以上
盛り土図

大規模盛土造成地における被害

地震や集中豪雨等によって、造成した盛土の全体または大部分が斜面の下部方向に崩落する「滑動崩落」が発生することがあります。
活動崩落222
(出典: 国土交通省 わが家の宅地安全マニュアル)

下野市における大規模盛土造成地マップ(最新状況)

pdf下野市MAP(pdf 5.44 MB)

谷埋め型: 1箇所
腹付け型: 0箇所
合計: 1箇所

注意事項

この大規模盛土造成地マップは、宅地造成前後の地形図等を比較して、大規模盛土造成地のおおよその位置や範囲を表示したものであり、表示した箇所の危険度を表したものではありません。
また、大規模盛土造成地内の土地に対して特別な手続き等は必要ありません。
 

掲載日 令和4年3月18日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
建設水道部 都市計画課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎3階)
電話:
FAX:
0285-32-8612
Mail:
(メールフォームが開きます)