このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

中学生高校生アンケート結果をお知らせします(第二次下野市総合計画)

  第二次下野市総合計画(計画期間:平成28年度~37年度)を策定するにあたり、下野市では、 市内の中学校4校及び石橋高校、小山北桜高校の生徒を対象に、まちづくりに関するアンケートを実施し、まちづくりへの関心、下野市に感じていること、下野市の将来像、下野市への居住意向について調査しました。

  この度、調査結果がまとまりましたので公表いたします。結果報告書については、下段の添付ファイルをご覧ください。

  調査にご協力いただいた学校関係者及び生徒の皆様に、お礼申し上げます。

調査の概要

  • 調査対象     市内中学校4校、石橋高校、小山北桜高校の第2学年
  • 調査方法     学級ごとに教室にて配布・回収
  • 調査期間     平成26年7月
  • 回収数        988名(中学生580名、高校生408名)

アンケート結果の概要

下野市のことをどのように思うか

中学生の80.6%、高校生の39.9%が「好き」または「どちらかといえば好き」と答えています。

下野市の住みやすさ

中学生の87.9%、高校生の39.0%が「住みやすい」または「どちらかといえば住みやすい」と答えています。

自慢できるもの将来大切に残したいもの

中学生 自然環境、公園・広場、かんぴょうの分類順に意見が多い。

高校生 自然環境、観光施設・資源、安全安心の分類順に意見が多い。

将来下野市がどんなまちになってほしいと思うか

中学生  1位  水や緑の豊かな自然を守り、環境にやさしいまち

          2位  交通事故・犯罪・公害・災害のない安全安心なまち

          3位  子どもから大人まで文化、スポーツ活動など楽しめるまち

高校生  1位  水や緑の豊かな自然を守り環境にやさしいまち

          2位  交通事故・犯罪・公害・災害のない安全安心なまち 

          3位  道路、上下水などの生活環境が整い便利で暮らしやすいまち

将来下野市に住みたいと思うか

中学生の71.9%、高校生の27.5%が「住みたい」または「できれば住みたい」と答えています。  

住みたい理由は「暮らしやすさ」「住み慣れているから」が中学生、高校生ともに多く、

住みたくない理由は「下野市以外の生活にあこがれているから」が中学生、高校生ともに最も多い結果となっています。

その他

広報2月号のP3~P4にも結果概要を掲載しております。 


      掲載日 平成28年12月27日 更新日 平成29年3月30日
      【このページについてのお問い合わせ先】
      お問い合わせ先:
      総合政策部 総合政策課
      住所:
      〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
      電話:
      0285-32-8886
      FAX:
      0285-32-8606
      Mail:
      (メールフォームが開きます)