このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

第二次下野市総合計画後期基本計画策定に係る中学生・若者アンケート結果

第二次下野市総合計画後期基本計画(計画期間:令和3年度~7年度)を策定するにあたり、基礎資料として活用するため、下野市では中学生・若者アンケートを実施し、まちづくりへの関心や下野市に感じていること、将来の下野市への居住意向について調査しました。調査にご協力いただいた皆様に、厚くお礼申し上げます。
調査結果がまとまりましたので、次のとおり公表します。

調査の概要

中学生

対象

下野市立中学校の生徒532名

調査方法

学校を通じて配布・回収

回収

493票(回収率92.7%)

調査時期

令和元年7月

若者

対象

高校2年生に相当する市民613名

調査方法

郵送配布・郵送回収

回収

154票(回収率25.1%)

調査時期

令和元年7月~8月

調査結果の概要

下野市のことをどう思うか

中学生の80.1%、若者の77.3%が「好き」または「どちらかといえば好き」と答えています。

下野市の住みやすさ

中学生の87.7%、若者の90.3%が「住みやすい」または「どちらかといえば住みやすい」と答えています。 

自慢できるものや将来に大切に残したいもの

  • 中学生では、「自然」「農産物(かんぴょう・いちご等)」「歴史的環境(薬師寺・国分寺等)」などがあげられています。また、「住みやすい環境」や「祭り」などの指摘もありました。
  • 若者では、「医療・病院」が多く、次いで「かんぴょう」「自然」「公園」「歴史」などがあげられています。

将来の下野市への居住意向

  • 中学生の73.8%、若者の63.0%が「住みたい」または「できれば住みたい」と答えています。
  • 中学生、若者ともに、住みたい理由は「暮らしやすいから」「住みなれているから」が多く、住みたくない理由は「下野市以外の生活にあこがれているから」が最も多い理由となっています。

掲載日 令和2年3月30日 更新日 令和2年3月31日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総合政策部 総合政策課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
FAX:
0285-32-8606
Mail:
(メールフォームが開きます)