野鳥における鳥インフルエンザについて

野鳥における鳥インフルエンザについて

   平成28年12月12日、真岡市において回収された野鳥(オオタカ)1羽について、県央家畜保健衛生所で簡易検査を実施した結果、A型インフルエンザウイルス「陽性」であることが確認されました。

 

【野鳥との接し方について】
   鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられてます。
 日常生活において、鳥の排せつ物等に触れた場合には手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありませんので冷静な行動をお願いします。
 なお、死亡している野鳥には、素手で触らないでください。

 

【鳥インフルエンザの疑いがあったら】
 死亡している野鳥を発見した時は、下記の連絡先にご連絡ください。
 
   下野市役所産業振興部農政課 電話0285-32-8906
 
  
栃木県では、電話相談窓口を設置しています。
 ◎野鳥の鳥インフルエンザに関すること
  栃木県県南環境森林事務所 電話平日:0283-23-1441 休日及び夜間:080-8711-0886


このページへのお問い合わせ先

農政課
住所:〒329-0492 栃木県下野市笹原26番地
電話:0285-32-8906
Email:nousei@city.shimotsuke.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、辞書サイトのWeblioのページに移動します。

下野市のホームページをより充実させるために、皆さんの声をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見やすいですか?
このページに対するご意見をお聞かせください。
※役にたった、見づらいといった具体的な理由を記入してください。
なお、いただいたご意見等への返答は致しませんのでご了承ください。