○下野市農村レストラン条例施行規則

平成18年5月11日

規則第186号

下野市農村レストラン条例施行規則(平成18年下野市規則第116号)の全部を次のように改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、下野市農村レストラン条例(平成18年下野市条例第126号)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(農村レストランの営業日及び営業時間)

第2条 農村レストランの営業日及び営業時間は、市長が実状に応じて定めることができる。

(市長が必要と認める業務)

第3条 条例第7条第1項第2号の市長が必要と認める業務は、次に掲げる業務をいう。

(1) 地場産の農産物を材料に使用した料理の提供

(2) 地産地消の推進及びPR業務

(3) その他市長が定める業務

(指定管理者に管理を行わせる場合における規定の適用)

第4条 条例第6条の規定により指定管理者に農村レストランの管理を行わせる場合における第2条及び第3条の規定の運用については、これらの規定中「市長」とあるのは「指定管理者」とする。

(その他)

第5条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行し平成18年4月1日から適用する。

下野市農村レストラン条例施行規則

平成18年5月11日 規則第186号

(平成18年5月11日施行)