国民年金の被保険者

国民年金の種類

日本に住所のある、20歳以上60歳未満の方は、全員国民年金に加入することになっています。
加入者は、次の3種類に分かれます。いずれも、届出を忘れると、年金を受け取れなくなることがありますので、ご注意ください。

  • 第1号被保険者
    20歳から60歳未満の方で、自営業者、農林漁業従事者、学生、無職の方
  • 第2号被保険者
    会社員や公務員(厚生年金、各種共済組合の加入者)
  • 第3号被保険者
    会社員や公務員(第2号被保険者)に扶養されている配偶者

任意加入できる人

  以下の方は、希望すれば、申し出した日から国民年金に加入できます。

  1. 日本に住む20歳以上60歳未満の方で、厚生年金や共済組合などから老齢(退職)年金を受けられる方
  2. 日本に住む60歳以上65歳未満の方
  3. 日本国籍を持ち、海外に住む20歳以上65歳未満の方

  ※日本国内に住所のある65歳以上70歳未満の方で、老齢基礎年金を受けるための受給資格期間が不足している方は、受給資格期間を満たすまで加入して納付することができます。


掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成30年4月4日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民生活部 市民課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
FAX:
0285-32-8600
Mail:
(メールフォームが開きます)