トップくらし・手続き・環境水道・下水道水道お知らせ> 経営比較分析表を公表します(水道事業)

経営比較分析表を公表します(水道事業)

経営比較分析表を公表します。指標の意味や分析の考え方は、関連資料(ページ下部)の「経営指標の概要(水道事業)」をご覧ください。
pdf経営比較分析表(平成30年度決算)(pdf 143 KB)
pdf経営比較分析表(平成29年度決算)(pdf 83 KB)

経営比較分析(平成30年度決算)

経営の健全性・効率性について

  1. 経常収支比率(経営比較分析表1-(1))
    100%以上であることから収支は黒字である。類似団体平均と比較しても利益率は高い状態にある。
  2. 流動比率(経営比較分析表1-(3))
    100%を上回っており、短期的な債務に対する支払い能力は十分に確保されている。
  3. 企業債残高対給水収益比率(経営比較分析表1-(4))
    減少傾向ではあるが、類似団体平均値と比べ高い値となっている。今後も計画的な企業債の活用、償還により低下傾向を維持する。
  4. 料金回収率(経営比較分析表1-(5))
    100%を上回っており、給水に係る費用を給水収益で賄えている。類似団体平均より高い回収率である。
  5. 給水原価(経営比較分析表1-(6))
    類似団体や全国の平均値を大幅に下回っており、有収水量1m3あたりの費用を比較的低く抑えられている。
  6. 施設利用率(経営比較分析表1-(7))
    平成29年度からは、認可変更に伴い一日配水能力が下がったため、利用率が上がっている。今後は、人口減少を見据え、施設の統廃合やダウンサイジング等を検討していく。
  7. 有収率(経営比較分析表1-(8))
    漏水件数の増加等による要因で有収率は低下しており、計画的な管路更新等の対策を講じ、有収率の向上を目指す。

老朽化の状況について

  1. 有形固定資産減価償却率(経営比較分析表2-(1))
    類似団体平均値と比べれば低いが、今後は、資産の老朽化が進んでいく。
  2. 管路経年化率(経営比較分析表2-(2))
    類似団体平均値より法定耐用年数を超えた管路延長の割合は低いが、増加傾向にはある。
  3. 管路更新率(経営比較分析表2-(3))
    類似団体平均値を下回っている。今後は、管路の老朽化が進むため、新水道ビジョン等に基づいて計画的な更新を実施していく。

全体総括

経営の健全性、効率性については、比較的高い水準で安定しており、財政の状況は良好である。ただし、有収率は向上を図る必要がある。
今後も、経営の健全性、効率性をさらに追求し、新水道ビジョンや経営戦略に沿って計画的に水道事業を推進する。


※以下の関連リンクより、栃木県内各市町及び関係一部事務組合の各公営企業ごとの経営比較分析表がご覧いただけます。


掲載日 令和2年3月4日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
建設水道部 水道課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
FAX:
0285-32-8608
Mail:
(メールフォームが開きます)