納付猶予

保険料免除制度を利用することができず、将来、年金を受け取ることができなくなることを防止するため、申請により保険料の納付が猶予され、保険料の後払いができる制度が「納付猶予制度」です。

対象者

50歳未満の方で自分の収入が少なく、保険料を支払うのが困難な方

対象期間

7月~翌年6月 

納付猶予の所得基準

前年所得が以下の計算式で計算した金額の範囲内であること
(扶養親族等の数+1)×35万円+22万円
例:単身世帯の場合57万円まで

  • 申請者ご本人のほか、配偶者の方も所得基準の範囲内である必要があります。
  • 申請の時期によって、前々年の所得で審査を行う場合があります。
  • 所得基準は全額免除と同じです。
  • 納付猶予期間の保険料を追納しなかった場合は、老齢年金を受給するために必要な受給資格期間(10年)には算入されますが、年金額には反映されません。  
  • 従来の保険料免除制度の所得審査は、申請者本人のほか配偶者・世帯主の所得も審査の対象となるため、一定以上の所得がある世帯主(親や兄弟等)と同居している方は、保険料免除制度を利用することができませんでした。

申請方法・お持ちいただくもの

次のものをお持ちいただき、市民課(本庁舎)で申請してください。

  • 年金手帳
  • 印鑑
  • 学生の場合には、学生証または在学証明書(※学生の場合、学生納付特例をご利用ください) 
  • 失業を理由に申請する場合は、退職した日を確認することができる雇用保険の「離職票」、または「受給資格者証」(公務員の場合は、退職辞令)

掲載日 平成28年11月8日 更新日 平成30年4月4日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民生活部 市民課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎1階)
電話:
FAX:
0285-32-8600
Mail:
(メールフォームが開きます)