トップ市政情報・市民参加情報公開・個人情報保護> 特定個人情報保護評価について

特定個人情報保護評価について

特定個人情報保護評価とは

   個人のプライバシー等の権利利益の侵害を未然に防止することを目的に、特定個人情報ファイルを保有する国の行政機関や地方公共団体等が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で特定個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な措置を講ずることを宣言するものです。

特定個人情報保護評価の実施方法

   特定個人情報保護評価の対象は、「特定個人情報ファイルを取り扱う事務」であり、事務におけるプライバシーリスクの程度に合わせて、「基礎項目評価書」、「重点項目評価書」及び「全項目評価書」の3種類の評価書から作成すべき評価書を決定します。
   作成すべき評価書の決定に当たっては、それぞれの事務における「対象人数」、「特定個人情報を取り扱う職員の数」及び「特定個人情報の漏えい事故の有無」を判断基準とします。
   評価書を作成した場合は、国の特定個人情報保護委員会に提出するとともに、公表することが義務付けられています。

特定個人情報保護評価の公表

   下野市で公表している特定個人情報保護評価書は以下のリンクから検索することができます。
   評価実施機関名に「下野市」と入力し、必要に応じて公表日を変更して【検索】をクリックしてください。
特定個人情報保護評価ウェブバナー

掲載日 令和4年3月2日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
総務部 総務人事課
住所:
〒329-0492 栃木県下野市笹原26(庁舎2階)
電話:
FAX:
0285-32-8606
Mail:
(メールフォームが開きます)